子育て中の在宅ワークが辛い。うまく両立させる方法を紹介!

子育てしながらの在宅ワークが辛い。うまく両立させる方法を紹介

※本ページはプロモーションが含まれています

子育てしながら在宅ワークは、自由な時間や場所で仕事ができるというメリットがあります。

一方で、子どもの世話や家事と仕事の両立が難しいというデメリットも。

  • 子育てと在宅ワークの両立は時間がない
  • うまく両立できなくて辛い
  • 思っていたより現実は厳しい

同じような思いをしている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、子育てしながらの在宅ワークをうまく両立させるための方法をご紹介します。

目次

スポンサーリンク

子育て中の在宅ワークが辛い理由は?

パソコンを前にして悩む女性の写真

子育て中の在宅ワークが辛いと感じる理由には、大きく分けて以下の3つが考えられます。

  • 育児との両立ができない
  • 時間の確保が難しい
  • 思ったほど稼げない

子どもが騒いでいたり、家事に追われていたりすると、仕事に集中できないことがあります。

反対に仕事が立て込んできて、子どもとかかわる時間が思うように取れないということも。

子どもが泣いたり、遊んでほしいとせがんだりすると仕事の成果も上がらず、結局どちらも中途半端になってしまい、ストレスが溜まってしまいます。

在宅ワークは、子どもと一緒にいる時間が長いというメリットがありますが、実際は仕事に追われて、子どもとの時間が減ってしまうというデメリットもあります。

子どもとの時間を大切にしたいと思っている人にとっては、仕事の時間の確保が難しいと感じることも。

仕事の時間を十分に確保できないことで、思ったより稼げないという収入の面にもかかわってきます。

「子育てと在宅ワークの両立が辛い」を解消する方法

パソコンをしながらスマホを見る手元の写真

在宅ワークのデメリットを解消するためには、以下の方法が有効です。

  1. 子どものスケジュールを把握する
  2. 仕事と家事の時間を分ける
  3. 周囲に協力してもらう
  4. 自分なりのルールを作る
  5. 休息をとる

1. 子どものスケジュールを把握する

まずは、子どものスケジュールを把握することが大切です。

子どもの学校や保育園の行事、習い事などのスケジュールを把握しておけば、仕事のスケジュールを調整しやすくなります。

子どものお世話をする時間と仕事に集中する時間を区別することでストレスを減らすことができ、辛さも解消できます。

スケジュールと同時に、子どもの体調や気分も把握しておきましょう。

体調が悪いときは、無理して仕事に取り組むのではなく、休息をとることも大切です。

2. 仕事と家事の時間を分ける

家事をしながら仕事をしていると、どちらも中途半端になりがちです。

在宅ワークは隙間時間で仕事ができるのもメリットですが、仕事と家事の時間を分けてメリハリをつけることも重要です。

仕事に集中できる時間帯は、子どもを保育園や学校に預けたり、家族にお願いしたりして、子どもの世話や家事を減らしましょう。

子どもと一緒に過ごす時間は、仕事のことは一旦忘れて、子どもと楽しく過ごすようにしましょう。

3. 周囲に協力してもらう

仕事が立て込んでくると、時間の確保が難しくなり在宅ワークと子育ての両立が辛いと感じてしまいます。

何もかも一人でしようとせずに、家族や友人、近所の人などに協力してもらうことも大切です。

子どもの送り迎えや食事の用意など、仕事の合間にできないことをお願いしてみましょう。

子どもの面倒を見てくれる人を探しておくと、急な仕事や子どもの体調不良のときにも安心です。

4. 自分なりのルールを作る

在宅ワークは自分のペースで仕事ができる反面、無理をしすぎて辛くなってしまうこともあります。

自分なりのルールを作って、仕事と家事を両立させやすくするのもおすすめです。

例えば、仕事の間は子どもの部屋に入るのを禁止する、仕事の後は必ず子どもと遊ぶ時間を作るなどです。

自分なりの在宅ワーク中のルールを決めて辛さを解消しましょう。

5. 休息をとる

会社勤めと違って、決まった休憩時間がないのでついつい無理をしがちです。

在宅ワークといえども無理をせず、適度に休息をとることも大切です。

仕事に追われて、子どもとの時間を削ってしまうのもNGです。

うまく両立させるために、子どもと過ごす時間は仕事のことを忘れて、子どもと楽しく過ごしましょう。

子育てと在宅ワークをうまく両立させる方法

子どもを膝に乗せてパソコンをする母親

具体的な方法としては、以下のようなことも考えられます。

  • 仕事のスケジュールを、子どものスケジュールと合わせて調整する
  • 仕事の合間に、子どもと一緒に遊んだり、子どもの宿題を見たりする時間を確保する
  • 子どもが寝ている時間に、仕事に集中する時間をとる
  • 子どもの行事や習い事の際に、家族や友人に協力してもらう
  • 目標を高くしすぎない
  • 家事や育児の時短を考える

子育てと在宅ワークの両立は、一朝一夕でうまくいくものではありません。

最初から目標を高くしすぎずに、自分のペースをつかめるまで、様々な方法を試してみるといいですね。

家事や育児も完璧にと思わず、時短できる方法や周囲の人に頼ることも考えてみましょう。

まずは、今回ご紹介した方法を参考にして、自分なりの両立方法を見つけてみてください。

子育て中でも両立しやすい在宅ワークのおすすめ5選

パソコン作業中の手元の写真

子育てと仕事の両立は、多くの女性にとって大きな課題です。

在宅ワークは、通勤の負担が減り、子どもの急な体調不良や学校行事にも対応しやすいため、子育て中の女性に人気があります。

そこで次は、子育て中でも両立しやすい在宅ワークのおすすめ5選をご紹介します。

1. ライター

ライターは、文章を書くことが好きな人におすすめの在宅ワークです。

Webサイトや雑誌、広告などのコンテンツ作成の仕事があります。

子育てや家事の隙間時間を使って、パソコンさえあればできるので場所を取らずにできるのもおすすめです。

子どもの寝ている時間や、子どもが学校や幼稚園に行っている時間に仕事をしやすいと言えます。

クラウドソーシングサイトや、ライターエージェントを利用することで、自分のペースで仕事をすることができます。

2. ブロガー

ブロガーは、自分のブログを運営して収入を得る仕事です。

好きなことや得意なことをテーマにブログを書き、読者から広告収入やアフィリエイト収入を得ることができます。

子育て中のブログは、子育ての経験を生かして、子どもの成長や子育てに関する情報を発信できるのでおすすめです。

子どもと一緒にブログを書いたり、子どもの写真やイラストをブログに載せたりするのも良いでしょう。

3. イラストレーター

イラストレーターは、絵を描くことが好きな人におすすめの在宅ワークです。

Webサイトや雑誌、広告などのイラスト作成の仕事があります。

隙間時間を使って場所を取らずにできる仕事なので、子育て中の在宅ワークにおすすめです。

子どもが寝ている時間や、子どもが学校や幼稚園に行っている時間を有効活用しましょう。

クラウドソーシングサイトや、イラストレーターエージェントを利用するとスムーズに仕事ができます。

4. 翻訳家

翻訳家は、外国語に堪能な人におすすめの在宅ワークです。

Webサイトや雑誌、書籍などの翻訳の仕事があります。

翻訳家も得意分野を活かしながら、自分のペースでできる仕事なので、子育てと両立しやすいです。

クラウドソーシングサイトや、翻訳会社を利用することで自分のペースで仕事ができます。

5. データ入力

データ入力は、パソコンを使ってデータの入力や修正を行う仕事です。

単純作業が多いため、比較的簡単に始めることができます。

自分のペースで隙間時間を使って作業ができるため、こちらも子育てとの両立に向いている在宅ワークです。

クラウドソーシングサイトや、データ入力会社を利用するといいでしょう。

まとめ

  • 子育て中の在宅ワークが辛い理由は大きく3つ
  • 「子育てと在宅ワークの両立が辛い」を解消するためにできることを考えてみよう
  • 子育てと在宅ワークをうまく両立させる方法
  • 子育て中におすすめの在宅ワーク

子育て中の在宅ワークは大変なことも多いですが、うまく両立できれば子どもとの時間を大切にしながら仕事も充実させることができます。

ぜひ、今回ご紹介した方法を参考にして、うまく両立させてみてください。





スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次