mark 【令和2年度夏季特別展「『遠野物語』と怪異」】

 

「怪異」とは、現実にはありえないような不思議な事柄やそのさま、化物や妖怪を指すことばである。今から110年前の明治43年(1910)に著された『遠野物語』には119話の伝説や世間話が収められているが、話者である遠野の人佐々木喜善は、この話を柳田國男に初めて語った日の日記に「お化け話をして」と記しており、不思議な話を中心に語ったことが分かる。
 『遠野物語』には、河童や天狗などの妖怪のほかに山の怪異など不思議な話が多く収められている。本展覧会では、『遠野物語』に収められた怪異に着目し、遠野と東北の妖怪や怪異に関する実物資料や文献を中心に紹介する。

会期: 令和2年7月17日(金)~8月30日(日)

会場: 遠野市立博物館 企画展示室

入館料:個人 一般310円 高校生以下160円
    団体 一般260円 高校生以下110円(20名以上)

開館時間:午前9時~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)

休館日:7月31日(金) 

 

特別展記念イベント
■特別展「遠野物語と怪異」ギャラリートーク(30分間)
特別展の見どころを学芸員が解説します。
7月17日(金)、8月1日(土) 午後1時30分~午後2時

■帰ってきた!恐怖の河童屋敷
今話題のあの妖怪も…?

■ワークショップ「怪し明るし行灯作り」
牛乳パックで行灯を作ります。

日 時:8月8日(土)午前10時~12時
会 場:遠野市立図書館1階視聴覚ホール
講 師:当館学芸員
対 象:小学生 定員20名(事前予約制)
参加費:無料
申込方法:電話受付
問合せ先:遠野市立博物館 0198-62-2340

カテゴリー 特別展

mark 遠野市立博物館令和元年度特別展「遠野のひな人形」

次郎左衛門雛、享保雛、古今雛、有職雛…時代と流行で変わるひな人形。
博物館で所蔵する江戸時代から明治・大正期の遠野のひな人形を中心に展示します。

■日時:令和2年2月7日(金)から3月8日(日)
※2月10日(月)、2月17日(月)は休館日
■時間:午前9時から午後5時まで(入場は午後4時半まで)
■入場料:一般310円、高校生以下160円(20名様以上の団体の場合、お一人様50円引き)
■会場:遠野市立博物館企画展示室

関連イベント
■ギャラリートーク
第1回 令和2年2月21日(金)午後1時半から午後2時
第2回 令和2年3月3日(火)午後1時半から午後2時
※3日のギャラリートーク参加者にはプレゼントもあるよ!!
ひな人形の種類や歴史、遠野のひな文化の展示解説を行います。
是非ご参加ください。

■その他
現在販売中の「鍋倉城御城印」もひな祭り期間のみ、ひな仕様になります。
(御城印のデザイン、品質に変更はありません)
 

 

カテゴリー お知らせ, 博物館だより, 特別展

mark 令和元年度企画展「小島功原画展」を開催します

11月1日(金)から24日(日)まで「小島功原画展」を開催します。
小島功(1928~2015)は東京都出身の漫画家で、朝日新聞の政治漫画や流麗な筆致で描いたしなやかな美女のイラストで人気を博し、黄桜のキャラクター「カッパ」で一世を風靡し、生涯あでやかな美人画を描き続けました。
【受賞歴】 文芸春秋漫画賞や、紫綬褒章、勲四等旭日小綬賞

遠野で原画を観られる機会はほとんどありませんので、この機会に是非博物館にお越しください。

期日 令和元年11月1日(金)~11月24日(日)
※11月11日(月)、18日(月)は休館日
時間 午前9時から午後5時まで
場所 遠野市立博物館企画展示室
入場料 一般310円、高校生以下160円
(20名以上は団体料金になります)

カテゴリー お知らせ, 博物館だより, 特別展

mark 令和元年度夏季特別展「遠野物語と神々」

 

※この特別展は終了しました。

令和元年度夏季特別展として「遠野物語と神々 ~家の神・里の神・山の神~」を開催します。

明治43年(1910)に著された『遠野物語』には、オシラサマやオクナイサマ、カクラサマ、山の神など様々な神が登場します。これらの神々は里の小さな祠や個人宅などで大切に祀られ、現代まで伝えられてきました。厳しい自然環境の中で生きなければならなかった人々は、救いを求める切実な思いを込めて熱心に信仰してきました。
本展覧会では、遠野で信仰されているオシラサマ、オクナイサマ、ザシキワラシなどの家の神や精霊、カクラサマなどの里の神、山の神の他、岩手県内や東北各地の民間信仰の神や精霊などを紹介します。展示を通して、年中行事や日常生活の様々な場面で登場するこれらの神々について、あらためて考える機会になればと開催するものです。
この機会に是非ご来館ください。

会期:令和元年7月19日(金)~9月23日(月・祝)
開館時間:午前9時~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
開場:遠野市立博物館 企画展示室
休館日:7月31日(水)、8月31日(土)
入館料:【個人】一般300円
高校生以下150円
【団体】一般250円
高校生以下100円
※20名以上は団体料金になります。

特別展記念イベント
◆「遠野物語と神々」ギャラリートーク
特別展の見どころを学芸員が解説します。(所要時間30分)
入館券をお持ちの上、当日企画展示室にお集まりください。
日時:7月19日(金)、21日(日)、8月9日(金)、9月6日(金)
午後1時30分~午後2時

◆ワークショップ「遠野ものがたり幻灯機を作ろう!」
牛乳パックとプラスチックシートで幻灯機をつくります。
『遠野物語』に登場するキャラクターなど自分の描いたイラストを映しだすことができるよ!
※お電話でお申込みください。
日時:8月2日(金)
午前10時~12時
開場:遠野市立図書館1階 視聴覚ホール
講師:当館学芸員
対象:小学生
定員:20名(事前予約)
参加費:無料
申し込み先:遠野市立博物館 ℡:0198-62-2340

◆「ナイトミュージアム」
照明を落とした夜の博物館で謎を解きながら、特別展を見学します。
時間までに博物館にお集まりください。
※事前予約不要
日時:8月9日(金)
午後6時~7時
会場:遠野市立博物館
参加費:無料

カテゴリー お知らせ, 博物館だより, 特別展

mark 京極夏彦の『えほん遠野物語』原画展 第2期

えほん原画展ポスター 

小説家・京極夏彦氏が文章を書いた『えほん遠野物語』第2期の刊行を記念し、原画展を開催します。
展覧会では現在刊行されているシリーズ第2期の4作品である、『おいぬさま』『おしらさま』『ごんげさま』『でんでらの』の原画32点を展示します。
原画を通して遠野物語の世界をぜひ、ご覧ください。

原画作者名
『おいぬさま』絵 中野真典
『おしらさま』絵 伊野孝行
『ごんげさま』絵 軽部武宏
『でんでらの』絵 はた こうしろう

◆期日・入館料
平成31年4月19日(金)~5月12日(日)
休館日:無休
一般 300円 高校生以下 150円 (20名以上から団体料金)

 

カテゴリー お知らせ, 博物館だより, 特別展