【速報】埼玉立てこもり事件の犯人の名前は?事件の場所はどこ?犯行動機は?

saitamaken-tatekomori-20220127

スポンサーリンク

27日の夜9時ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家にて立てこもり事件が発生しました。

立てこもった犯人は民家に住む住民でした。

目次

スポンサーリンク

埼玉立てこもり事件の犯人の名前は?

犯人の名前は『渡邊宏』容疑者です。

各ニュースでも報道されるようになりました。

過去に何があったかわかりませんが犯罪はダメですね。

埼玉立てこもり事件の詳細な場所はどこ?

埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で発生した立てこもり事件ですが、

詳細な場所がわかりましたのでお伝えします。

ふじみ野市立西原小学校の南に事件現場があります。

現在、犯人は逮捕されていますので近郊に小学校や中学校がありますが

生徒さんはひとまず安心ですね。

近隣の学校3校(西原小学校、三角小学校、大井西中学校)が28日を休校にしています。

埼玉県立てこもり事件の犯人の犯行動機は?

最新の情報では、弔問に来た医師を猟銃で打ったとの情報から、

医師の医療ミスへの報復や逆恨みなどが考えられます。

男は一緒に暮らしていた高齢の母親が亡くなり、医師など医療関係者が、弔問に訪れた際にトラブルとなり、主治医の医師を人質にとって、散弾銃のようなものを持って立てこもったという事です。近所の人によると、数日前にも、現場の家の前で、男と数人がもめている様子が目撃されていましたが、事件との関連は分かっていません。 一緒に弔問に訪れていた理学療養士の男性も、胸のあたりを撃たれて重傷で、また介護士の男性催涙スプレーをかけられ軽傷です。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/096e2ca450394e9e6307ac2fe6749e17829d0df4

それにしても催涙スプレーや猟銃は一般の人は持っていないと思います。

事前に犯行に及ぶために用意していたとしか考えられません。

断じて許される行為ではありませんので然るべき処罰をお願いいたします。

正式な発表はされていないので入り次第お伝えします。

スポンサーリンク

【速報】追加情報

人質として捕まっていた医師が亡くなってしまったようです。

医地域医療に尽力されていた『鈴木純一』医師でした。

亡くなった鈴木純一 医師は、およそ10年前から埼玉県富士見市などで高齢者を中心に訪問診療を行っていて、新型コロナウイルスの第5波で感染が拡大した去年夏には、病院に入院できず自宅での療養を余儀なくされたコロナ患者の診療も行っていました。

鈴木医師は、内科などが専門でおよそ10年前から埼玉県内で在宅医療に取り組んでいて、NHKは去年9月、デルタ株の感染拡大で患者が急増したため、入院できずに自宅で療養するコロナ患者の自宅を訪問して診療する様子を取材しました。

当時は、症状が重くても入院できない自宅療養のコロナ患者が急激に増えていて、鈴木医師は保健所からの依頼を受けて患者の自宅を訪問していました。

鈴木医師は、通常の在宅診療を終えた夜9時ごろに車で診療所を出て、連日、深夜まで患者の診療に当たっていました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220128/k10013454201000.html

なぜ、医療に尽力している人がこのような目に遭ってしまうのでしょう。

とても残念でなりません。

ご冥福をお祈りいたします。

埼玉県立てこもり事件の世間の反応は?

ツイッターではやるせない、なんで危ない人が銃を持っているのか?などの意見が多数でした。

今回の事件がきっかけで模倣犯が出ないことを祈っています。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる