村瀬心椛が強い3つの理由とは?妹の由徠が最大のライバル!?

murasekokomo-yura

スポンサーリンク

北京オリンピックで金メダル有力候補のスノーボード村瀬心椛(むらせ・ここも)選手。

2021年10月にスイスで行われたW杯では初優勝を収めています。

冬季五輪の最年少金メダル記録は19歳1ヶ月で

17歳の村瀬心椛選手が金メダルを獲得すると最年少記録を塗り替える快挙となります。

今回はそんな村瀬心椛選手が強い理由を調査しました。

目次

スポンサーリンク

スノーボード村瀬心椛選手が強い理由とは?

・村瀬心椛選手のプロフィール

名前:村瀬 心椛(むらせ・ここも)

生年月日:2004年11月7日

出身地::岐阜県岐阜市

スポンサー::BURTON、ムラサキスポーツ、SMITH 等…

村瀬心椛選手が強い理由は下記の3つのポイントが挙げられます。

①家族の影響

②妹の村瀬由徠選手の存在

③苦手克服に向けて猛特訓

①村瀬心椛選手の強さの秘密は家族の影響!?

村瀬心椛選手は4歳から父親の影響でスノーボードを始められています。

父の影響で4歳からスノーボードに触れ、小学1年生の頃にスロープスタイルを始める。2018年にはノルウェーにて行われたX Gamesのビッグエアー種目にて海外のトップ選手たちが出場する中、見事最年少優勝を果たした。2022年、スノーボードワールドカップ・スロープスタイル開幕戦で初優勝を飾り、ビッグエア開幕戦に続くワールドカップ通算2勝目を手にした。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000231.000006649.html

ちなみに母親も妹の由徠(ゆら)選手もスノーボードされているそうで、一家全員スノーボードが好きなようです。

ただ、両親はプロスノーボーダーではなく、週末ゲレンデにスノーボードを楽しみに行っていたそうです。

幼い頃から周りの環境がスノーボード一色だった点が第一の強さの要因です。

②妹の村瀬由徠(むらせ・ゆら)とのライバル意識が影響!?

村瀬心椛選手の妹である由徠選手の影響も大きいです。

2つ下の妹・由徠(ゆら)もスノーボードに夢中で、2021年のジュニア世界選手権ではビッグエアで優勝、スロープスタイルで準優勝するなど、将来が有望な良きライバル。姉妹仲も良く、手をつないで滑る映像なども公開されている。

引用元:https://olympics.com/ja/news/who-is-murase-kokomo

村瀬心椛選手がスノーボードをやっている所を見て妹の由徠選手もスノーボードを始めたそうです。

村瀬心椛選手自身、妹の由徠選手を一番のライバルだと話されています。

一番身近な存在が一番のライバル。常に刺激し合える事が2つ目の強さの秘訣です。

③苦手克服に向けて猛特訓

村瀬心椛選手はスイッチスタンスが苦手らしいですが、今シーズン克服に向け猛特訓中と話されています。

強みは伸ばすのは当然のこと、弱みを克服するために特訓しているという点も強さの秘訣ですね。

村瀬心椛選手の頑固で負けず嫌いな性格がプラスに働いているのかもしれませんね。

スノーボード村瀬心椛が強い3つの理由のまとめ

スノーボード村瀬心椛選手が強い理由は下記の3つです。

①家族の影響

②妹の村瀬由徠選手の存在

③苦手克服に向けて猛特訓

村瀬心椛選手、妹の村瀬由徠選手はまだまだ若くこれから活躍していく世代です。

北京オリンピックの金メダルやW杯優勝など今後の活躍が本当に楽しみです。

練習をしすぎてケガだけはしないように気をつけて試合に臨んでほしいですね。

▶️【画像】村瀬心椛の妹(由徠)も可愛いと話題に!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる