小林麻耶の父親は清水建設勤務!?職業からわかる驚愕の年収とは?

father

スポンサーリンク

現在フリーアナウンサーとして活躍されている小林麻耶さん。

そんな小林麻耶さんの父親が清水建設に勤務していたのではないか!?と噂になっています。

本当かどうか気になったので調査しました。

目次

スポンサーリンク

小林麻耶の父親は清水建設勤務!?

Construction-company

小林麻耶の父親は清水建設勤務だったのではないかと言われています。

言われる背景には2つの理由がありました。

①一級建築士の資格を持っている

②大手企業に勤め転勤が多い

それぞれ説明していきます。

①一級建築士の資格を持っている

小林麻耶さんの父親は清水建設ではなく銀行に勤めているのではないかと話がありますが、

一級建築士を取って銀行員というのは考えにくいです。

一級建築士の資格の合格率は10%程度で非常に難しいとされているので、メインの仕事で使わないなら取らないでしょう。

なので一級建築士の資格を活かせる建築会社に勤めていたと考えるのが妥当です。

②大手企業に勤め転勤が多い

小林麻耶さんは自身のブログの中で父親が大手企業に勤め、さらに転勤族であると話されています。

清水建設も建設業界大手で転勤が多いと言われているんですよね。

大企業では出世するための条件(ルート)があるところが多いです。

転勤もその1つに入っているのかもしれません。

小林麻耶の父親が清水建設なら年収はいくら?

money

小林麻耶の父親が清水建設なら年収はいくら貰っているのでしょうか?

清水建設と競合他社の平均年収を比較

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)決算期
清水建設1006.7万円42.9歳15.3年10384人2020年3月期
大林組1057.7万円42.6歳17.2年8829人2020年3月期
大成建設1010.3万円43歳18.3年8507人2020年3月期
鹿島建設1134.1万円44.2歳18.5年7887人2020年3月期
竹中工務店1043万円44歳19.1年7630人2019年12月期
引用元:https://corp-research.jp/articles/3799

表からわかることは建設業界全体で高収入であることがわかります。

清水建設の社員が2020年の段階で42.9歳で1,000万円以上もらっているとすると、

小林麻耶さんの父親は定年間際には年収1,500万円はもらっていたのではないかと考えられます。

大手ゼネコンが並んでいますが軒並み1,000万円越え!

かなりの高収入ですね。。。

小林麻耶さんの父親はエリートだったとわかります。

スポンサーリンク

小林麻耶の父親は清水建設勤務!?まとめ

小林麻耶さんの父親は清水建設で勤務されていた可能性が高いです。

そのほかの可能性としては鹿島建設など大手ゼネコンもありえます。

さすがに銀行員ではないでしょう。

年収は1,500万円はもらっていたと考えられます。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次