木下ほうかの性被害女優H子・I子は誰?イヤミ課長は本当にイヤミな人だった

incident

スポンサーリンク

映画に出演する女優さんが榊英雄監督から性行為を強要されるなど問題となった映画界の悪しき風習。

今回はスカッとジャパンの「イヤミ課長」で知られている木下ほうかさんに性加害疑惑があがっています。

目次

スポンサーリンク

木下ほうかが女優H子・I子に性加害!?

イヤミ課長で有名な木下ほうかさんに女優2人が性被害にあったと訴えています。

話によると榊英雄監督とも親密な仲で普段から交流があるようです。

1人目はH子さん

 H子さんは演技指導の名目で木下の自宅に呼び出された。最初は2人で台本読みをしていたが、「なんでできへんねん」と木下に叱られるうち、H子さんは悔しくて泣き出してしまったという。すると、木下は一転、慰めるような優しい声音で「もういいから。こっち来いや」と寝室に連れていった。そこで木下は自分のパンツを下ろすと、H子さんの顔先に性器を突き出した。 「なし崩し的に口での行為を迫られました。抵抗したらもっと酷いことをされるかもしれない。要求に応えて済ませた方が安全だと思ってしまった。『早くこの時間が終われ』と頭の中で繰り返していました」(H子さん)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ce251cd2451780e37a9641aeb8791fad27229305

演技指導という名目で呼び出して感情を揺さぶり、性行為に及んだようですね。

寝室に連れ込んでいる点や、自分からパンツを下ろすなど性加害と言われても言い訳できない状況ですね。

このことが本当であるなら木下ほうかさんにはがっかりです。

2人目はI子さん

「みんなやってる」と言われて…

 もう1人の女優I子さんは、ある日、木下から無理やりキスされそうになり、それを拒むと、後日、こんな旨のメールが来たという。 「期待して、これから育ててあげようと思っていたのに残念です。失望しました。あなたの根性はこのくらいなのですね」  後日、木下の自宅で性行為に至ったという。

引用元:引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ce251cd2451780e37a9641aeb8791fad27229305

「みんなやってる」という言葉に常習性を感じますね。

性被害に遭われている方は2人だけではないのではないでしょうか?

相手の感情をうまくコントロールして性行為に持ち込むのが木下ほうかさんの手口なのでしょう。

まだまだ余罪がたくさん出てきそうで怖いです。

映画界や芸能界はこんな感じなのでしょうか?

ちょっとショックです。

スポンサーリンク

木下ほうかの相手の女優H子・I子は誰?

榊英雄監督のワークショップに木下ほうかさんも参加されていたようです。

もしかすると榊英雄監督と手を組んでいた可能性もないとはいいきれません。

相手の女優さんはおそらく女優の卵でまだ無名の女優さんでしょう。

榊英雄監督はピンク映画を撮影していますのでそこに出演していた女優さんの可能性もあります。

具体的な名前は分かりませんが、将来を有望視されていた女優さんでしょうね。

本当に残念でなりません。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次