カシュニの滝の意味は?危険な場所?知床遊覧船事故カズワンはなぜ浸水・沈没した?

kashunino-falls

スポンサーリンク

4月23日、午後1時15分ごろ、北海道知床半島のオホーツク海側で子供2人を含む26人が乗った

知床観光船カズワンから、カシュニの滝のすぐそばで「船首部分が浸水し、沈みかかっている」と通報がありました。

浸水現場であるカシュニの滝とはいったいどこでどんな場所なのでしょうか?

目次

スポンサーリンク

知床遊覧船事故・観光船カズワンが浸水したカシュニの滝の場所はどこ?

知床観光船KAZUⅠ(カズワン)が浸水したカシュニの滝の場所は次の場所です。

カシュニの滝の住所は、北海道斜里郡斜里町遠音別村です。

カシュニの滝の意味は?

「カシュニ」はアイヌ語の「カシウニ」が語源で、意味は”仮小屋の有るところ”という意味のようです。

元々は“仮小屋の有るところ”と言う意味で、滝は下の説明通りです。アイヌは宇登呂から岬に行く途中で此処で一泊したという。停泊するにも小舟を着けるにも良さそうです。大きな洞窟が二つあり、滝の下に有る洞窟はチャラセポール“滝の懸かる洞窟”と言う。直接海中に懸かる滝はここだけ。

引用元:https://www.kitakaido.com/okhotsk/shari/shari_22.html
kasyuninotaki

カシュニの滝の近くに一泊するための仮小屋があったのかもしれませんね。

カシュニの滝は危険は場所?

ユネスコ世界自然遺産知床にあり、知床岳を源流に発する川が断崖より直接海に流れ落ちている滝。

知床連山から流れてきたチャラセナイ川の清流が、巨大な洞窟を背景にオホーツク海へと豪快に流れ落ちる。

洞窟を背景に雄大に流れるその姿は陸地からでは見ることができず、洋上からしか見ることができませんが、

海側よりその景観を望むための観光船も運行しています。 

引用元:https://www.airstay.com/hokkaido/spot/spot0107.html

カシュニの滝は海からしか見られない(行けない)場所で昔から観光スポットのようです。

穏やかな波の状態では美しい景観やヒグマもみられます。

higuma

ニュースでは、カシュニの滝について次のように報道しています。

周辺海域の様子をよく知る斜里町の漁師(66)はこの日、船を出さなかったものの、3~4メートルの波があったとみる。「4メートルの波があると、小さな遊覧船はへさきを立ててその場で維持するのが精いっぱい。横波を受ければ転覆しやすい」と話し、悪条件下だった可能性を指摘する。周辺海域は海面に出ていない岩礁が多く、漁船でも浅瀬に乗り上げることがあるという。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/57bfd22309abc06b6dd63d0861244f1814744a31

周辺海域は潮の流れが速く座礁の危険がある場所のようですね。

スポンサーリンク

危険なカシュニの滝のすぐそばで知床遊覧船カズワンはなぜ浸水・沈没?

普段は静かな場所ですが、高波があると危険な場所のようです。

当時、強風と波浪注意報が発生していました。

当時は3〜4メートル前後の高波があったと言われています。

観光船自体、元々波の影響を受けやすい形をしており、

高波の影響も受けてどこかの岩にぶつかってしまった可能性もあります。

クジラにぶつかったのではないかという説まで出ています。

▶️【顔写真】知床遊覧船の桂田精一社長の家族や経歴は?小山昇との関係とは?

壊れた船を修理していない可能性も

大荒れの中、修理していない船を無理に運行させたということがないと良いのですが・・・。

無線も壊れていたという情報が入っていきています。

ずさんな管理が原因だった可能性が高くなっています。

観光船カズワン・乗客乗員は今どこに?

強風の風向きが陸の方を向いているのでもしかしたら海岸に漂着している可能性もありますね。

※カシュ二の滝付近でカズワンの船体が発見されました。引き上げには1億円以上かかると言われています。

しかし断崖絶壁ということもあり陸地から向かうのが厳しいようです。

気温も2〜3℃らしいので大人でも厳しいですが、子供も2人いるため体力が持つか心配です。

一刻も早く救助されることを祈っています。

▶️知床遊覧船の観光船カズワン運営会社は?船長は誰?どんな船舶?

※追加情報

観光船に乗っていたと思われる11人が発見されたが全員死亡と報道されています。

新しい情報が入り次第お伝えします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次