【鎌倉殿の13人】長澤まさみのナレーション声が聞きづらい理由とは?

kamakuradono-13nin-nagasawamasami-voice

スポンサーリンク

2022年の大河ドラマである【鎌倉殿の13人】

豪華なキャストを揃えてついにスタートしました。

実際に見て楽しめましたが、語りを担当している『長澤まさみ』さんのナレーションの声が聞きにづらく感じました。

私だけかな?と疑問に感じたので他の視聴者の方は

どう思っているか、理由も合わせて調査してみました。

目次

スポンサーリンク

長澤まさみのナレーションは聞きづらい?

・聞きづらいという意見

私だけではないようで安心しました。

もうちょっと音量上げてもらえればいいだけなんですけどね。

ナレーション自体は好きです。

スポンサーリンク

心地良いという意見

ナレーションが良い!という人がいるのもまた事実。

囁いている感じは確かにいいと思いますね。

長澤まさみ声が聞きづらい人がいる理由

聞きづらいと感じる人がいる理由は、

脚本を担当されている三谷幸喜さんから

『登場人物たちに寄り添い、隣の部屋からささやいているような距離感で』

出典:https://mantan-web.jp/article/20220109dog00m200012000c.html

とイメージを伝えられていたからのようです。

なので聞く人にとってはちょっと聞きづらいと感じてしまうのでしょう。

ささやく感じでいいのでボリュームは上げてほしいなと思ってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』自体は楽しく観ることができました。

長澤まさみさんのナレーションの音量をもうちょっと上げてもらえると

もっと楽しく見れるかなと感じてます。

次週も観させて頂きます!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次