mark 【口語訳遠野古事記】赤坂山の金山争い

Pocket

《寛永五年(1628)、遠野領小友村新谷の金山で、仙台領の金堀との間に起こった争論について三戸への報告状》

一 今年の三月十八日に、遠野領小友村新谷の赤坂山へ、気仙の小股の内膳と申す者がやってきて小屋を三つ建て金を掘るので、同二十日に新谷帯刀が行き追い出しました。しかしその後三月二十六日に、同じく赤坂山へ小屋を七つ建てるので、これも同二十八日に追い出しました。また五月十六日に同山へ内膳が小屋を二十ほど建てました。今度は気仙にある有住・八日町の肝煎を勤める玉蔵院(住田町史では「宝蔵院」)という山伏を同行させ、鉄砲約五十挺ほど、槍なども持って来て小屋を建てさせています。この玉藏院は内膳の諸親(身内:義理の親)であるとのことです。
 一 同年五月十八日、新谷帯刀から内膳へ使いを送り申し伝えたことは、「この赤坂山は前々から何度も申し上げているように、遠野の領内です。先の関白・豊臣秀吉公の時代に行われた、各地の金山のお調べの際にも、遠野の領内として、堀子八人と公式の記録である御長帳にも記載されており、時の権力者へも金を献上する山であるのに、なぜ一度ならず当領へ小屋を作るのか」と申し伝えれば、内膳は返答し、「この山へ我々が自分勝手に小屋を建てているのではなく、仙台奉行衆の山廻りを勤める片倉半助殿の御意志で小屋を作っているのです。あなたと私のやりとりで山を出るわけにはいきません。ただ、仙台奉行衆山廻りの片倉半助殿がこの山を出ろと言ったなら出ましょう」と伝えてきました。
 そうはいっても互いに使いを立ててばかりでは、やり取りしたことの証明にならないので、墨付きを取ろうと思い、上記の通り帯刀から内膳へこの六月九日に書状を渡したのですが、内膳は返書を寄越さず、口上で伝えてくることには、「帯刀へ書状での返事はする必要がない、小屋を建てていることが返事である、仙台奉行衆片倉半助殿の御意志で小屋を建てているのだから、そのように心得てもらいたい」という返事でした。現在は小屋を二十ほど建て金堀どもがおり、山には内膳だけがいて玉藏院は有住・八日町へ帰ったようです。こちらから追い出すことは簡単にできますが、藩の境目での問題でありますし、向こうがどのような考えでいるかも分かりません。ご指示を仰ぎたく思いますので、そのようにお伝えくださいますようお願い申し上げます。以上。
  寛永五年(1628)七月二十一日  八戸弥六郎(花押)
    石井 伊賀守 様
    石亀 七左衛門様
           参


《同年十月二日、仙台より赤坂境目の検分役として、中條帯刀・大町飛騨が、気仙の今泉にとどまり横田への使者として遣わした原利兵衛・矢作久右衛門の口上の目録》

一 飛騨と帯刀が言うには、「仙台の年寄(重臣)たちの命令で赤坂境についての使者として来ました。この境については、以前に毛馬内三左衛門殿が遠野の城代をされていた時、お互いに出入りしないようにと取決めした所で、このたび難しい状況になっていると小股内膳から仙台へ報告があり、互いに出入りしないようにと取り決めていたのは、山の内か外かを見届けるように、と仙台の年寄たちが申しておりますので参りました。このたびは境目について両藩で難しい言い分があるようなので、今度境目を拝見するときには、もしかしたら近所の住人たちが入り込んで立ち働くこともあるかもしれませんが、気仙領の者たちへはそのようなことをしないよう申し伝えておきますので、遠野の住民へもそのように申し渡していただきたい」との要望でした。
   こちらからの返答は
一 「このたび小股内膳が盗掘している場所は、仙台藩の方が言う場所よりもさらに遠野領に入り込んだところです。仙台の御年寄衆の御命令でご覧になりたいと仰るのなら、三戸の年寄達と話し合い了承されたならお見せすることもできますが、弥六郎(南部直栄)の留守を預かる私どもでは、勝手に決めてお見せすることはできません」と申し返しました。
   重ねて使いの者が言うには
 「飛騨と帯刀が境目を見るのは、南部御領であるとか仙台領であるとか決めるということではないので、とにかく飛騨と帯刀に見させてほしい」と申しました。
  こちらからの返答は
一 「伊達政宗様の御領内である気仙の方からご覧になるのは構いませんが、南部領へ入ってご覧になることはさせられません」と申し返しました。
  この遠野への使者は十月二日に到着し、同四日に帰っていきました。
この通り南部利直様へご報告をお願いいたします、以上。
          十月七日    八戸弥六郎
          老中両人様
              参


◎コラム◎
現在の遠野の地図に「赤坂山」という名前の山はありません。地元の人によると、荷沢金山の西側が「赤坂山」ではないかということです。お隣の住田町史では「辰砂山」のことを「赤坂山」と表記しています。「辰砂」とは水銀のことです。
 ※砂金を水銀に溶かしてから蒸発させると、水銀だけが気化して金が残ります。最も簡単な金の精錬の方法として古くから知られています。


 欠落人の連れ戻しや藩境でのいざこざなど、問題が起こる度ごとに本家である三戸へお伺いを立て、判断の御指図を受けていました。その後用事があり、直栄様へ三戸に参るよう老中(重臣)たちから言われたため参上しました。利直様が仰せになるには「遠野の城代たち(毛馬内・槻館)が勤めていた間、熱心に欠落した者たちの行方を探し半数以上を連れ戻したり、藩境での交渉事などそのたびごとに仙台藩が申し伝えてきたことを三戸へ知らせてきていました。あなたを遠野に遣わしたなら、きっとこれまでのようにしてくれると思っていました。遠野へ引き移るよう頼んだ私の目に間違いはなかった」とご満悦で直栄様への御賞美も格別でした。また、「今後、遠野に罪人があったときは、取り調べ及び判決はこちら(三戸)へ伺うには及ばない。そちらの役人たちに申し付け、十分に取り調べ、勧善懲悪の政道を必ず執り行うよう申し付けるように」と仰せになりました。そのため遠野領での罪人の取り調べの拷問・斬首・磔・火焙り・晒し首などの刑罰を三戸へ判断を仰がず自分たちの判断で課したので、他領の人びとはこれを見たり聞いたりして、陪臣(大名家の家臣)の家中で自分たちの判断で刑罰を与えることができるのは、全国でも他に例のないことだと、遠野南部家の威光に感じ入り恐れおののきました。南部領の住民はもちろんのこと、他領の者も市のときは以前のように酒に酔っての喧嘩・傷害・殺人などの騒動もなく、放火や盗賊などの荒くれ者もだんだんとなくなり、平穏に治まっていきました。

一 こんな問いかけを受けました。
 直栄様が遠野へお引き移りになった始めの頃は、四か所の藩境へ遠野の番人を置いていたと、領地替えの際の古い記録に残っています。それなのにいつ頃から遠野からの番人をやめて、盛岡からの番人が置かれるようになったのでしょうか。
 このように答えました。
 領地替えから二十年ほど過ぎた頃(正保年中頃でしょうか)、名前は忘れてしまいましたが当時の御家老衆が直栄様へ申し上げました。「四か所の藩境の通行手形を、私どもが発行し、番人も遠野南部家で置いていては、今後万が一御境の行き来についてむずかしい交渉事が起こるのではないだろうかと気遣わしくお考えになるでしょうから、番人は盛岡から出してもらうようにお願いされてはいかがでしょうか」との申し出を受け、そのように盛岡(当時は山城守重直様の御代)へお願い申し上げました。もっともなことだとお考えになられ、「番人は盛岡から遣わすことにするが、土地に不案内では差支えがあるだろうから、相談役として遠野から添え番人を出すように」と仰せがあり、遠野から相談人として遊井名田番所(宮守町)は遊井名田與三右衛門、鮎貝番所(小友町)は本宿助兵衛、新谷番所(小友町)は新谷帯刀、赤羽根番所(上郷町)は福田蔵人の知行所なので、番所近くに住む家来に仰せ付けました。これより以降、盛岡の家禄の低い家来衆が当番にあたり、本人が遠野に来て直接番人を勤めるときもあり、あるいは病気であったり幼少であったりした場合は代わりに雇われた刀指(百姓や町民で帯刀を許された人)がやって来て勤めるときもあったという老人の話を聞いています。 
カテゴリー 口語訳遠野古事記