mark 遠野文化フォーラム報告≪※終了しました≫

Pocket

<「東北民謡の父 武田忠一郎の贈り物 子守唄と民謡」報告>

【日時】 令和元年8月10日(土)13:30開演

【場所】 遠野市民センター大ホール

【内容】
◆第1部
◇佐々木喜善賞の表彰
◇遠野少年少女合唱隊「わらべ歌・子守唄」
◇対談「武田忠一郎と民謡、子守唄」
長田暁二(音楽文化研究家)
西舘好子(NPO法人日本子守唄協会理事長)
◆第2部
◇公演「遠野~美しき我が故郷」
唄:原田直之
特別ゲスト:菊池信夫

【報告】
 『遠野物語』発刊110周年記念プレイベントでもある今年の文化フォーラムは、「東北民謡の父 武田忠一郎の贈り物 子守唄と民謡」と題して上記の内容で行いました。武田忠一郎は遠野に生まれ東北に残る“うた”を採譜し「東北民謡集」全6巻などにまとめた人物で、東北民謡の父といわれています。

 遠野文化研究センターの赤坂憲雄所長は、「昔話あるいは佐々木喜善の仕事も文字のテクストではなく、語りや声である。『遠野物語』の原点は声の文化ではないでしょうか。今年のフォーラムは、“うた”の力というものをこの遠野の地から考えてみようという想いで開催します」と挨拶し幕が開けられました。

 はじめに佐々木喜善賞の表彰が行われました。この賞は「日本のグリム」佐々木喜善の業績を記念し、遠野や『遠野物語』に関する優秀な作品に贈られる賞です。今年は79点の応募があり、佐々木喜善賞は3点、そして通常「奨励賞」はないが今回のみ最終選考に残った作品2点が奨励賞として表彰されました。遠野文化研究センターの三浦祐之顧問から受賞理由が述べられ、多彩で充実した作品ばかりで審査をしていて楽しかったことが伝えられた。
受賞者、受賞理由についてはこちらをご覧ください。→【令和元年 遠野文化賞・佐々木喜善賞受賞者(リンク)】

 続いて、遠野少年少女合唱隊による「わらべ歌・子守唄」が披露されました。遠野少年少女合唱隊は、わらべ歌の伝承、採譜を目的として昭和63年に結成され、まさに武田の志を受け継ぐ団体です。子ども達の澄んだ声が会場に広がり、「ほたるのうた」など全4曲を歌い終えると、客席から大きな拍手が送られました。

 対談は音楽文化研究家の長田暁二さんとNPO法人日本子守唄協会理事長の西舘好子さんで行われました。父親が歌ってくれた子守唄が武田と音楽の最初の出会いであり、今日東北民謡の父と呼ばれるようになりました。東北民謡の父とよばれるようになった理由、東北に民謡が多い理由について、長田さんは「文明の発達しているところとは違い、東北は古いものが押し退けらずに残った。さらに武田先生は山奥まででも訪ねて行って音楽を集めた。武田先生がいたおかげである」と述べました。
 対談の終盤には日本を代表する民謡歌手の原田直之さんが登場し、「あざみの歌」を披露。義父である武田との思い出を語ってくれました。病床の師へ初めて出来たレコードを持って行ったら泣いて喜んでくれたというエピソードは、聞き手の心に深い感動を与えました。最後に西舘さんが「遠野の武田忠一郎先生、もっともっと遠野に根付いてうたわれてほしい」と今後への期待を込めて対談は終了しました。

 第2部は原田直之さんによる「遠野~美しき我が故郷」と題したステージが開幕しました。原田さんの地元である福島をはじめとした東北の民謡や、ギターの弾き語りによる子守唄メドレーなど20曲近くを熱唱。伸びやかで力強い歌声に、会場は盛大な拍手に包まれました。曲目の中には武田が手掛けた作品もあり、師との思い出話が随所に添えられました。今回の衣装は、武田の妻で民謡歌手の大西玉子が愛用していた着物を仕立て直したものだそうで、武田ゆかりの衣装と曲でステージを彩りました。
 中盤には、日本の民謡界をけん引する日本民謡協会東北地区連合委員会委員長・菊池信夫さんが特別ゲストとして登場。武田がアレンジし全国に広めたという「沢内甚句」、そして遠野市民に親しまれている「遠野まぬけ節」を謡いました。遠野まぬけ節保存会の皆さんにも登場していただき舞台を盛り上げました。
 今回、三味線方として舞台を支えた原田真木さんは武田の六女であり、直之さんの奥様でもあります。「ある夫婦のうた」をデュエットし、「感謝の言葉が自然と出るのがうたのいいところ」と語りました。
 原田さんは「遠野で義父を偲び謡う、こんなに嬉しいことはない。これからも民謡を大切にし、また皆さんの前で謡いたい」とフィナーレを迎えました。その後も拍手が鳴りやまず、アンコールでは岩手県の代表的な民謡「外山節」を謡いました。この作品は、武田による編曲というだけでなく、大西の持ち歌でもあり、大歓声の中幕を閉じました。

 今回のフォーラムでは、対談や公演を通して武田忠一郎の功績を振り返り、うたの魅力を再発見することができました。武田からの贈り物を地域に根付かせ、後世へ伝えていく大切さを実感したフォーラムとなりました。

佐々木喜善賞・奨励賞受賞者の皆さん

長田暁二さんと西舘好子さんによる対談

原田直之さんによるステージ

菊池信夫さんと遠野まぬけ節保存会の皆さん

原田直之さんと奥さんの原田真木さんによるデュエット

アンコールで再登場した原田直之さんと菊池信夫さん

カテゴリー 遠野文化フォーラム