mark 蘇民祭

ある夜に旅人が一夜の宿を乞い、とある兄弟の家を訪ねます。裕福な弟の巨丹(こたん)は拒否し、貧しい兄の蘇民将来は精一杯のもてなしで旅人を歓迎します。実はこの旅人はスサノオノミコトで、のちに巨丹の妻になっていた蘇民将来の娘に茅の茎で作った輪を身に付けさせて目印にし、それ以外の巨丹一族を亡ぼしてしまったそうです。そして、「蘇民将来の子孫である目印の茅の輪を付けていれば無病息災が約束される」と告げて立ち去ったそうです。 この説話から「蘇民将来」と印された護符は、疫病や災いを除け福を招くお守りとして全国各地で見られます。 岩手県では、1月~3月の間に各地で蘇民祭が行われ、「岩手の蘇民祭」として国の選択無形民俗文化財に選択されています。 なかでも全国的に有名なのは奥州市水沢区天台宗妙見山黒石寺で毎年旧暦正月7日から行われる蘇民祭でしょう。今年は2月25日夜から翌26日の早朝まででした。 そう、夜通し執り行われる祭りなのです。 冬に、屋外で、完徹覚悟で臨まなければいけない祭りなので、行くなら今しかないと考えて行ってきました! もちろん防寒対策グッズをバッチリ備えていきました。 時間前に到着した臨時駐車場はすでにたくさんの車が停まっていました。県外ナンバーも多く見られます。 黒石寺の蘇民祭は、22時からの裸参りに始まり、柴燈木登り(ひたきのぼり)、別当登り、鬼子登り、蘇民袋争奪戦と翌朝6時頃まで続きます。「登り」というのは、庫裡から本堂に向かって行列を組んで進むことです。 よく紹介されるのは、冷たい瑠璃壺川(山内川)で水垢離をとる「裸参り」、半生の松木を井桁に組み火を付けた上に登る「柴燈木登り」、蘇民袋を奪い合う「蘇民袋争奪戦」でしょうか。 長時間に渡る祭りなので、途中で人が減ったり増えたりします。満車だった駐車場もいつのまにか空いていました。 雪も風もない、例年になく良い条件の蘇民祭とはいえ、2月の夜は冷え込みます。 境内には出店や休憩所があるので、見物客は暖をとり飲み食いしながら時間を過ごしていました。 数年前にポスター掲示拒否問題でニュースに取り上げられ、祭りの意図とは離れた話題で全国へ知名度が上がり野次馬のような見物客や参加者が増えたこともあったそうです。地元の方の中には、地域外からの参加や見学の規制を求める声もあったといいます。 しかし、一千年以上前から続く神聖な祭りであるとともに、人々の安寧を祈る祭りでもあることから、現在でも特別厳しい規制は行われていません。 だからこそ、主催者や地域の人が設定したルールを守って参加・見学しなくてはいけないと思います。 ライト・フラッシュを消せと言われたら消す、行列が通る道に座り込まない、騒がしくしてはいけない場面では黙る、…羅列すると当たり前の事なのですが、気を付けていきたいです。      今週末の28日㈯には、遠野で唯一の裸参りが小友町であります。 行列への当日参加も受け付けているそうです。ご興味のある方はぜひ一度いかがでしょうか。 <小友町 裸参り> 【日時】平成27年2月28日(土) 【場所】厳龍神社周辺(岩手県遠野市小友町) 【裸参り見学無料バス】 午後5時30分 遠野駅出発→日影→二日町→鱒沢→小友地区センター ※この経路にある路線バスの停留所から乗車できます。帰りは午後7時30分発です。 詳しくはこちらへどうぞ→観光協会公式サイトリンク 【松浦】

カテゴリー まつり・イベント

mark 遠野町家のひなまつり開催中!!

 2月20(金)~3月3日(火)の間、第16回遠野町家のひなまつりを開催しています。  遠野では、3月3日のひなまつりには、ひな人形と一緒に附馬牛人形などの土人形を飾る風習があります。また、この頃は小正月にみずき団子を飾り付けるみずきの枝に、つるし雛をさげ、先祖供養や祈りや願いを込めた「みずきびな」を飾るようになりました。  さらに3月3日(火)10時30分からとおの物語の館横の親水公園にて、かつて遠野で行われていた「流しびな」を行います。これは三月節句に小さな紙の人形(ひとがた)で体をなでて、自分のケガレや災厄を人形に移し、それを水に流して身を清め、無病息災を祈る行事で、ひなまつりの古いかたちと云われています。参加できない方は、ひな祭りの期間中、紙人形を設置している会場がありますので、名前や願い事をご記入のうえ、預かり箱に入れてください。  文化研究センターでは入口に「みずきびな」、2階には堤人形、花巻人形、附馬牛人形などを飾っています。それと同時に昭和33年に行われた「台所改善コンクール」の写真と昔の台所道具などの展示を行っております。センターにお越しの際はぜひ2階まで見に来てください!!  また遠野市立博物館では2月10日(火)~3月22日(日)の中、冬季企画展「遠野のひな人形」を開催しておりますので、そちらもご一緒に見学してみてはいかがでしょうか。

【田澤】

カテゴリー まつり・イベント

mark 遠野まつり二日目

遠野まつりが開催されてからだいぶ時間が経ってしまいましたが、遠野まつり二日目に行われた遠野八幡宮境内馬場での馬場めぐりの様子を紹介したいと思います。

 
 
 
 
 

この日は一日目に続いて様々な踊りや屋台などを見られるだけではなく、この馬場めぐりの前に遠野南部流鏑馬も行われましたが、私は遠野市職員採用試験があったので見られませんでした。なので、何枚かの写真は他の職員が撮ったものです。 見ることが出来たのは祭りのほんの一部でしたが、たくさんの人達が見に来ていて活気があり、見られて良かったと思いました。中でも遠野八幡宮に着いた瞬間に見たSLの神輿はインパクト大でした。 郷土芸能はこれからも遠野の様々なイベントで見る機会がありますので、ぜひ遠野にお越しください。 10月に遠野で行われる例祭の日にちは以下の通りです。 10/5 (日)     諏訪神社 例祭(遠野市松崎町光興寺天神) 10/17(金)     福泉寺 秋季大祭(遠野市松崎町駒木) 10/25(土)     天満宮 例祭(遠野市遠野町 大日山日枝神社) 10/26(日)(予定) 来内伊豆権現神社 例祭(遠野市上郷町来内) 【田澤】

カテゴリー まつり・イベント

mark 小友まつり一日目に行ってきました

8月30日に小友町厳龍神社の例大祭と小友まつりが行われました。 昨年は午前中から外山神楽衆の門掛けに同行したのですが、今年は昼過ぎの奉納行列から合流しました。出発時の遠野町はバケツをひっくり返したような強い雨だったのですが、鱒沢あたりから路面が乾いていてびっくり。小友近辺は多少の雨粒が落ちてきたくらいとのこと、お祭りに当たってのご利益のひとつなのでしょうか。 奉納行列は猿田彦命を先頭に神社を出発し、町なかを通って奥にある水路供養塔まで行って折り返します。この供養塔は小友町の中心部を流れる水路を引いた際、この水路の永久使用を願って延享4年(1747)に建立されたもので、遠野遺産第106号に認定されています。    鷹鳥屋神楽・長野しし踊り・山谷しし踊り・鷹鳥屋しし踊り・手踊りや南部ばやしなどが参加し、奉納行列後は門掛けや共演会への参加で中心部の通りは大変な賑わいでした。 年に一度の小友まつりを地域が一丸となって盛り上げ楽しんでいる様子に感動しましたが、この日は昼からついて回るだけだったにも関わらず、早々に私の体力がなくなってしまったので夜の部は見られませんでした。 今月の遠野はお祭り尽くしです。 毎週末、市内のどこかでお祭りが行われているのではないでしょうか。 そして何より、遠野最大のお祭りである遠野まつりも今月です。 9/20(土)9/21(日)に開催される「日本のふるさと 遠野まつり」は、遠野郷八幡宮例大祭と合同開催となり、一日目は市街地で、二日目は八幡宮境内が会場となります。郷土芸能パレードやしし踊りの大群舞のほか、これまで別日に執り行われていた遠野南部流鏑馬や馬場めぐりの奉納も遠野まつりで見られますので、ぜひ多くの方に遠野を訪れてほしいと思います。 【松浦】

カテゴリー まつり・イベント

mark 第39回東北馬力大会馬の里遠野大会

6月22日(日)に宮守町柏木平優遊広場特設会場で『第39回東北馬力大会馬の里遠野大会』が行われました。馬力大会とは力強い農耕馬が重りを載せたソリを引き、馬の引き手と一体になってコース上に設けられた障害を乗り越える人馬一体のレースです。全部で8レース行われ、東北各地から馬主が集い技量を競いました。  どのレースも最後まで結果がわからず、最初にいいスタートを切っても、第2障害の坂が上れず失格になる馬や、坂を上ってもその後スピードダウンして追い越された馬もいました。本当に盛り上がるレース展開で、坂を上ろうとしている馬を私は「頑張れ!登れ!!」と立ち上がって応援していました。馬主さん達も興奮し、中には御者から手綱をとり、代わりに馬を引いてしまった人もいました・・・(ちなみにレース中に御者と助手以外の人が馬を引いた場合は失格になります。) 馬には「流星号」や「プレジデント号」など、様々な名前がつけられていて、レース開始前の馬の紹介を聞くのも楽しかったです。私のイチオシの馬は逆転劇をみせてくれた「俺で正解号」です。 【田澤】

カテゴリー まつり・イベント