mark イベント「もち御前」を開催しました!!

10月21日(月)に重要文化財千葉家の道具を使用したイベント「作って食べよう!千葉家のおぜんでもちごぜん」のお手伝いをしてきました。

これは、重要文化財千葉家の活用を考える会の方々が主催しており、綾織の子どもたちに千葉家で実際に使われていたお膳や石臼などを体験させるという取り組みです。

当日、子どもたちはエプロンや三角巾をして餅つきに挑戦しました。
杵が重くて上手に振り下ろせない子も多く、ぺったんぺったんというよりはぺた…ぺた…という音が多かったです。(餅も冷めると餅にならないので時間との勝負になります。)
大人の餅つきの迫力に子どもたちはびっくりしている様子でした。

次におもちにつけるくるみと黄粉を作りました。
くるみは一度あぶってから金槌を使って割り、黄粉は大豆を石臼で引くところからスタートです。

(きなこを石臼でゴリゴリしているところです)

くるみを割る作業は、一見簡単そうですがなかなか力がいる作業です。
「地面にぶつければ割れる」「力を入れて思いっきり叩けば割れる」と思っていた子どもも多いようで、そういう子のくるみはだいたい明後日の方向に跳んでいっていました。
(押さえる力が弱かったり、叩く力が弱いとくるみが跳んでいったり、割れなかったりします。)
しかし、一度力加減を覚えると子どもたちも上手に割れるようになっていきました。


(一生懸命すりつぶしたくるみ。この後、砂糖と醤油(めんつゆ)が入ってくるみあんになりました。)

餅が完成したら、自分たちでおつゆをよそって「いただきます」のあいさつです。
(奥は大人用の御前です。子どもたちは一足先にいただきまーす)

餅がメインのイベントなのにお前たち唐揚げから食うんかい(笑)

「うまーい!!」

これが当日の御前になります。
上左からあんこ、納豆、きなこ、いなり、のり、くるみの6種類です。
(さらにゴマと大根おろしが追加され最終的には8種類になりました)
千葉家を考える会のお母さんたちに作っていただいたおつゆも、子どもたちには大人気でした。
(個人的には漬物が大変おいしかったです)

今では当たり前のようにスーパーで売られている黄粉や餅も、昔の人たちは苦労して作っていたのだな、と考える良いきっかけになったと思います。
来年もまた道具を使った企画を計画中なので、報告を楽しみにしていてくださいね。

(小原)

カテゴリー その他, まつり・イベント

mark 「えほん遠野物語」原画展、行くっきゃない!!

IMG_1748サイズ変更

IMG_1755

先週の4月19日(金)から「えほん遠野物語」原画展を開催しています。
京極夏彦さんが文章を書いた『えほん遠野物語』第2期の刊行を記念して、絵本の原画を展示します。
「おいぬさま」「おしらさま」「ごんげさま」「でんでらの」の4冊の原画32点が展示されます。
(4人の画家の原画が8点ずつ展示されます。)

原画のほかには、当館が所蔵している京極夏彦さんのサイン色紙も一緒に展示しています!!
京極さんのファンの方はぜひ一度ご覧ください!!
※今回の展示は全面撮影禁止になっています。ごめんね(´・ω・`)

紙に描いたものやベニヤ板に描いたものもあり、見ていて楽しい展示になっていますよ。
描かれた話や、使われた画材なんかを予想しながら見るのも面白いですよね!

博物館は天気に関係なく見学できるので、是非ゴールデンウイーク中にお子さんやお孫さんとご来館ください!!

(小原)

カテゴリー お知らせ, まつり・イベント, 博物館

mark 試作品製作しました!

博物館、今年の夏季特別展はズバリ「河童」!!
子どもにも親しみやすいテーマということで、今年は河童をモチーフにワークショップを行うことにしました。
作るものは紙とセロハンで作るステンドグラスです。
当日と同じ時間でとりあえず学芸員が制作してみることに。

学芸員日記 2

下書きを書いて、どこを抜くか考えて……。
(器用な方ではないので、カッターとはさみを交互に使って汚く切れた部分も証拠隠滅です!!)

作りながら「子どもたちはどこでつまずくだろう?」「どこが分からなくなるだろう?」「どこが楽しいかな」など考えながら作ります。
途中制作過程やポイントのメモを取りながら進めていきます。

(このあと色の配分に悩むことになる私の作品↓)
学芸員日記
大人の私たちなら時間に余裕をもって完成するだろうと思っていましたが、結局2時間ぎりぎりまでかかってしまいました。
(子どもたちに作ってもらう際には時間配分に気を配る必要があります……。今後の課題です。)

当日対応する職員3名で制作してみましたが、同じ「河童」というテーマでも字を入れる職員や展示予定作品を再現する職員がいて、様々な作品が出来上がり面白いなあと感じました。
当日の子どもたちはいったいどんな作品を作ってくれるでしょうか?

(小原)

カテゴリー その他, まつり・イベント, 博物館

mark 今年はちょっと違います!!【ひな人形展】

今年もこの季節がやってきました。
私たち博物館にとっては今年度最後の大きな展示、「遠野のひな人形」展です。
この展示作業が終わると、春だなあとしみじみ思います。
学芸員日記ひな①

いつものように重い雛段を組み立てて、雛道具のお椀の蓋が合わず、これでもないあれでもないとぱかぱか合わせてみるのですが、今年はちょっと違います。

なんと今年は初公開の雛人形があるのです。
それがこちら!!
学芸員日記ひな②
遠野では珍しい次郎左衛門雛です。
これは盛岡市の及川氏からご寄贈頂いた雛人形です。
及川家は遠野で「及新」という屋号で呉服店を営んでいました。

また、この次郎左衛門雛の大きな特徴は顔です。
「引目鉤鼻」と言って、筆ですっと書いたような細い目に、ほかの雛人形より高い鼻が特徴です。
この雛人形はその名の通り、京の人形屋 雛屋次郎左衛門が制作したといわれる雛人形です。この次郎左衛門は幕府で御用を務めていて、江戸に店を持っていました。
この次郎左衛門雛は雛人形の流行に関係なく作られ、武家や公家に重んじられました。

(いやあ、まさかこの遠野でお目にかかれるとは思いませんでした!!やった!!)

また、今回は及川家と共に遠野市の両川家からも雛人形をご寄贈いただきました。
両川家は江戸時代の遠野の豪商で、伊能嘉矩がその当時の店の様子を
「新町の橋畔より今の下横町の右角まで町の片側の全部を連なる店」(伊能
嘉矩著『遠野くさぐさ』より)と書いているほどです。
そんな両川家から頂いた享保雛がこちら!!
学芸員日記ひな③
いやあ、大きいですね。
享保雛は顔が面長で里芋のようなので里芋雛とも呼ばれています。
また特徴としては女雛の袴が丸くふっくらしているところです。
でかい・顔面長・袴がふっくらの三拍子そろっていればほぼ享保雛と言ってもいいと思います(多分)

遠野市立博物館ではこのほかにも初公開の雛人形や雛道具、掛軸なども展示しています。
3月11日(日)までの公開になりますのでぜひご覧ください。

また「雛人形ってそもそも何?」「どんな種類があるの?」という方の
ために当館学芸員によるギャラリートークも行います。
雛人形についてより詳しく知りたい方はぜひご参加ください!!

◆ひな人形展示解説(ギャラリートーク)◆
ひな人形についてより詳しく知りたい方のために、当館学芸員が展示解説をします。
質問なども聞けますので、ぜひご参加ください。
※当日時間までに企画展示室にお集まりください。

・日時 3月2日(金)午後1時半~午後2時
・場所 遠野市立博物館企画展示室

カテゴリー お知らせ, まつり・イベント, 博物館

mark 【戦国キャリアウーマン清心尼公、山形へ出陣す】

IMG_5771IMG_5717

遠野が誇る女戦国大名・清心尼公が、9月30日に山形市で開催された「東北6姫祭り」に参戦し、「お姫様サミット」でPRを行ってきました。
この催しは、戦国時代に活躍したお姫様が東北6県からそれぞれ集結し、自らの生涯や地元の歴史について紹介するもので、艶やかな打ち掛けをまとった姫君達が「文翔館」におでましになりました。
そんな中で一人、尼装束である清心尼公は一際注目を集めておりました。しかも姫君に混じって唯一の殿様です。東北にも女の戦国大名がいらしたのか!と参加者から驚きの声があがりました。
清心尼公はもともと八戸根城南部家に生まれたお姫様でしたが、夫と跡継ぎの相次ぐ早世により自ら家督を継いで殿様となりました。再婚話を持ち掛けられますが、夫への貞節を守り出家してこれを拒否。家臣や領民からも慕われ立派に家を治めた名君でありました。
今年生誕150年を迎えた遠野出身の台湾人類学者・伊能嘉矩も清心尼公の顕彰活動に力を入れ、彼女を遠野の女性の理想像とする言葉を遺しています。後世に与えた影響も大きい人物です。
清心尼についてさらに詳しく知りたい方は、遠野市立図書館に読みやすい関連書籍があるのでぜひご一読ください。目指せ次期大河ドラマ!! 

カテゴリー まつり・イベント