mark イベント「もち御前」を開催しました!!


10月21日(月)に重要文化財千葉家の道具を使用したイベント「作って食べよう!千葉家のおぜんでもちごぜん」のお手伝いをしてきました。

これは、重要文化財千葉家の活用を考える会の方々が主催しており、綾織の子どもたちに千葉家で実際に使われていたお膳や石臼などを体験させるという取り組みです。

当日、子どもたちはエプロンや三角巾をして餅つきに挑戦しました。
杵が重くて上手に振り下ろせない子も多く、ぺったんぺったんというよりはぺた…ぺた…という音が多かったです。(餅も冷めると餅にならないので時間との勝負になります。)
大人の餅つきの迫力に子どもたちはびっくりしている様子でした。

次におもちにつけるくるみと黄粉を作りました。
くるみは一度あぶってから金槌を使って割り、黄粉は大豆を石臼で引くところからスタートです。

(きなこを石臼でゴリゴリしているところです)

くるみを割る作業は、一見簡単そうですがなかなか力がいる作業です。
「地面にぶつければ割れる」「力を入れて思いっきり叩けば割れる」と思っていた子どもも多いようで、そういう子のくるみはだいたい明後日の方向に跳んでいっていました。
(押さえる力が弱かったり、叩く力が弱いとくるみが跳んでいったり、割れなかったりします。)
しかし、一度力加減を覚えると子どもたちも上手に割れるようになっていきました。


(一生懸命すりつぶしたくるみ。この後、砂糖と醤油(めんつゆ)が入ってくるみあんになりました。)

餅が完成したら、自分たちでおつゆをよそって「いただきます」のあいさつです。
(奥は大人用の御前です。子どもたちは一足先にいただきまーす)

餅がメインのイベントなのにお前たち唐揚げから食うんかい(笑)

「うまーい!!」

これが当日の御前になります。
上左からあんこ、納豆、きなこ、いなり、のり、くるみの6種類です。
(さらにゴマと大根おろしが追加され最終的には8種類になりました)
千葉家を考える会のお母さんたちに作っていただいたおつゆも、子どもたちには大人気でした。
(個人的には漬物が大変おいしかったです)

今では当たり前のようにスーパーで売られている黄粉や餅も、昔の人たちは苦労して作っていたのだな、と考える良いきっかけになったと思います。
来年もまた道具を使った企画を計画中なので、報告を楽しみにしていてくださいね。

(小原)

カテゴリー その他, まつり・イベント