mark 山口集落の景観点検


土淵町の山口集落は、「昔話」という言葉を日本で初めて使った佐々木喜善の生まれ育った土地であり、柳田國男の『遠野物語』にも山口集落を舞台にした昔話が多く登場します。 「三陸沿岸部に通ずる街道沿いに発達した居住地で,物語の題材となる説話を柳田國男に語り伝えた佐々木喜善の生家や,かつて老人が共同で余生を送ったと伝わる「デンデラ野」及び囚人の処刑地伝説が伝わる「ダンノハナ」といった居住地周辺の霊地など,説話の舞台となった場所が良好な環境のもとに継承されている。(文化庁HPより)」として、国の重要文化的景観に選定されています。 この景観を守るため、地元の方々を始め多くの人が関わり、様々な環境保全の活動を行っています。 今回は自治会の方々と岩手大学の学生さんと一緒に、デンデラ野、ダンノハナ、水車小屋の景観点検をしてきました。

デンデラ野

ダンノハナからの眺め

水車小屋

茅葺屋根の水車小屋は、山口集落のみならず遠野を代表する風景のひとつでもあります。しかしこの屋根の茅材はだいぶ痛んでいて、葺き替えを望む声が寄せられました。土台や木樋、外壁なども問題ないかを点検確認して昼の部は終了しました。
夜の部は、山口自治会館に集まって昼にチェックした問題点について意見を出し合うワークショップが行われました。
「現在は水を流しているだけの水車小屋を再び粉ひきや藁打ちに活用できないか」「開けっ放しの戸を、開け閉めができやすいように工夫したものに替えられないか」「外壁は現状の板材のまま、修理が必要になったら裏側から直すようにしたい」「いや、板材を新しく変えれば、今後長く使える小屋になるから変えたほうがいい」…などなど、活発に意見が交わされ、地域の人たちの関心の高さが伝わってきました。
この景観点検やワークショップは一度きりではなく、今後も数回予定しています。地域の方々が愛着と誇りを持つ景観維持のための、より良い活動の場になればと思います。

遠野の素晴らしい景観は、このように多くの方々の熱心な活動によって保全・活用されています。
観光で訪れる際にはぜひ、この景観を守り伝えようとする地域の方々の愛情や熱意にも思いを馳せていただきたいなあ、と思います。
【松浦】

カテゴリー 調査・研究