mark アサツキ【方言名:ヒロッコ、シロッコ】


アサツキは「浅葱」と書くようにヒガンバナ科ネギ属に属していますが、ネギより淡い緑色をしていることから、アサツキと呼ばれるようになったとのこと。遠野では「ヒロッコ」「シロッコ」と呼ばれ、産直でも売っているほどに、春の山菜として親しまれています。   根が球根状の多年草で、夏は地上部の葉が枯れて休眠します。日当たりの良い斜面など人家の周りにでもよく見かけます。株立ちになっているアサツキをスコップなどで掘り起し太めのものを収穫します。細いものは、また埋め戻しておきましょう。 よく洗いさっと湯がいて酢味噌あえがお勧めです。

    

【小笠原】

カテゴリー 課長の自然誌図鑑