mark フキノトウ【方言名:バッケ】


春の訪れを告げる一番早い山菜がフキノトウです。フキノトウはキク科のフキやアキタブキの花で雄株と雌株があり、遠野の方言ではバッケと呼びます。遠野の植物に詳しかった故三浦徳蔵さんによると「いろいろ方言の意味を言う人があって、「化ける」が語源だという人やアイヌ語だとか言いますが、あまり当てになりません」とのこと。  天ぷらや味噌汁、バッケ味噌もおすすめで、独特のほろ苦さと香りが春を感じさせてくれます。フキノトウの雄株は花後に枯れてしまいますが、雌株は枯れずに茎が伸びます。この茎は柔らかくて筋も気にならず、フキと同じような料理の仕方でおいしく頂けます。

バッケ

 

少し焦げてしまったバッケとウド(市販)の天ぷら

味噌汁(入れすぎに注意)

日向のバッケはだいぶ大きくなりましたが、日陰や高所のバッケはゴールデンウイーク明けまでは楽しめると思います。皆さんも試してみてください。 【小笠原】

カテゴリー 課長の自然誌図鑑