mark 佐々木喜善の言葉


 今回の石碑調査では、伝承園の中にあるこの石碑に注目しました。

佐々木喜善の石碑

この石碑には『遠野物語』の話者、佐々木喜善の言葉が書かれています。拡大してみてみると…

喜善の言葉

「広い日本の中には実際どんな珍しい宝玉が埋没されて居るか それを掘り起さねばならぬと思ひます 佐々木喜善」と書かれています。この言葉は、日本で初めての昔話である『江刺郡昔譚』の序文の一節です。前文に「このように狭いごく普通な群の内にも、すでにこれだけの話があるものだということを、みんなに知って貰ひたい」とあるので、文脈からいえば、「宝玉」とは昔話、民話のことだと思います。

【菊池】

カテゴリー 調査・研究