mark 博物館のねずみ

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年も遠野市立博物館をよろしくお願いします。

さてさて令和2年、2020年の今年はネズミ年です!!
実は博物館にもネズミがいるんですよ~。
「博物館にネズミなんているわけがない」「管理状況はどうなっているんだ」そんな声も聞こえるようですが、ご安心を!!
ネズミはネズミでも展示品のねずみですよ。

これは寄贈された干支の絵馬になります。作者は分かっていません。
十二支全部あるので、毎年毎年入れ替えているのです。
去年の猪はとても上手に描けていたので、ネズミなんて昔はどこでも見かけただろうから上手にかけているだろう…そんな思いで出してみると…
う~ん??まあ、ネズミ、ネズミですかね…ネズ、米俵ちいせえ!!!!ネズミめっちゃデカい!!!

そのほかにも、博物館でネズミを探してみます。
い、いたーーーーー!!!!!!!!ネズミだ!!梁の上に2匹も!!

こっち見てるぅ。

 

また、米俵を狙ってるネズミもいました。

探してみると結構ネズミがいましたね。
このネズミは常設展示室にいますので、是非探してみてください。

また、博物館ではこのネズミ以外にもいわゆる「隠しキャラクター」が結構隠れていますので、展示品以外もくまなく見てみてくださいね。

(小原)
 

カテゴリー その他, 博物館

mark 遠野にかつて存在した、幻の映画館!!

今月12月13日(金)から来年1月26日(日)まで「遠野なつかしの映画チラシ展」を開催中です。

皆さんは、かつて遠野に映画館や芝居小屋があったことをご存知ですか?
遠野で生まれ育った方は「遠野東映」で映画を観たことがあるかもしれません…。
しかし、遠野にはそれ以外にも「中央劇場」「遠野ホール」「多賀座」「吉野座」「遠野公会館」という映画館や劇場があったのです!!
今回の展示では、市民の方からご寄贈頂いた当時の映画チラシを約170点展示しています。
(本当は約400点ほど寄贈頂いたのですが、スペースの関係で170点が展示の限界でした…!!)


映画チラシは映画館別に並べてありますので、それぞれの映画館の特色を探してみてくださいね。
さらに壁には遠野の映画館の歴史や当時の写真なども展示しています。
実際に小学校で使われた映写機や、当時行われていた出張映画館でやくざ映画を観る子どもたちの写真も展示しています。

さらにさらに今回は、日本の映画の歴史についても展示していますよ。
ほんとにものすごく頑張って解説作りましたので、是非見てください!!(いつも解説は担当学芸員が死ぬほど本を読んで一生懸命書いてます)
日本初の女優さん(所説あり)や、明治の大スター尾上松之助、日本の映画は影絵から始まった!?など、普段当たり前のように観ている映画もその歴史は工夫と苦労の賜物で
あったということがよく分かります。
日本映画は明治・大正期にものすごく発展していきますが、映画全盛期は昭和30年代になります。
さらに調べていくと戦争中の映画事情も興味深いことになっています。
今は「娯楽」の面が強い映画ですが、昔はニュースや人気役者の放送や、生物学の映画もあったそうです。

さらにさらにさらに!!
今回は特別に重要文化財千葉家をロケ地にして行われた映画の小道具や当時の撮影写真も展示しています。
(小道具や出演した役者さんのサインなどは千葉家で保存されていた資料になります。)
そしてめったに表に出ることはない(今回が初展示かもしれません)映画「遠野物語」の映画フィルムも展示しています!!
これは『遠野物語』生誕100周年の際に映画「遠野物語」の監督さんから遠野市へ寄贈されたフィルムになります。
保護の観点からフィルム本体を光の下に出すことはできませんが、ケースに入ったままの状態で展示していますので、この機会に是非ご覧ください!!

「趣味は映画観賞です」「自分は映画通」というそこのアナタも!!
映画の歴史も一緒に学んで、真の映画通になっちゃいましょう!!

 

カテゴリー お知らせ, まつり・イベント, 博物館

mark 記念講演会参加者大募集!!


とうとう来週末から「遠野なつかしの映画チラシ展」が開催されます!!
今現在、急ピッチで準備中です!!
しかし日本映画の歴史とは面白いもので、映画の歴史ってこうだったんだ~とか、あの普段私たちが使っている言葉の語源って映画用語なんだ!?といろいろ知ることが出来ます。
私は女優さんが最初全然人気のない職業だったということが一番の驚きでした。

そして!!
企画展に合わせて、遠野の映画館について知ることが出来る記念講座も開催します!!
日にちは12月14日(土)10:00~11:30です。
土曜日に開催しますので、普段はお仕事でなかなか博物館に来る機会がない~!!って人もぜひご参加ください。
内容はかつて存在した幻の遠野の映画館についてです!!
皆さん、遠野には昔映画館や芝居小屋があったことを知っていますか?
「え…知らない…」「なんでなくなってしまったの?」そんな疑問にもお答えします!
また講座の後は、博物館で実際の資料や、日本映画の歴史について学芸員が解説します。
・映画の原型は影絵遊びだった!?
・女優って人気のない職業だった!!
・映画の最盛期っていつ?
そんな疑問や豆知識を交えながら楽しく解説します。

遠野市内外、年齢問わず、面白い講座になっておりますのでぜひ皆様ご参加ください!!

詳細はこちら↓↓

日時:令和元年12月14日(土)10:00~11:30
講師:荒田昌典(遠野文化友の会会長、元遠野市立博物館館長)
場所:遠野市立図書館1階視聴覚ホール
定員:50名
申込:お電話でお申込みください。
申し込み先:0198-62-2340
当時の遠野の映画館の様子や移り変わりについて講座したあとに、博物館で企画展の見学を行います。
遠野の映画館についての詳しい説明や、学芸員による企画展の解説もありますのでぜひご参加ください!!

 

 

カテゴリー お知らせ, まつり・イベント, 博物館

mark イベント「もち御前」を開催しました!!

10月21日(月)に重要文化財千葉家の道具を使用したイベント「作って食べよう!千葉家のおぜんでもちごぜん」のお手伝いをしてきました。

これは、重要文化財千葉家の活用を考える会の方々が主催しており、綾織の子どもたちに千葉家で実際に使われていたお膳や石臼などを体験させるという取り組みです。

当日、子どもたちはエプロンや三角巾をして餅つきに挑戦しました。
杵が重くて上手に振り下ろせない子も多く、ぺったんぺったんというよりはぺた…ぺた…という音が多かったです。(餅も冷めると餅にならないので時間との勝負になります。)
大人の餅つきの迫力に子どもたちはびっくりしている様子でした。

次におもちにつけるくるみと黄粉を作りました。
くるみは一度あぶってから金槌を使って割り、黄粉は大豆を石臼で引くところからスタートです。

(きなこを石臼でゴリゴリしているところです)

くるみを割る作業は、一見簡単そうですがなかなか力がいる作業です。
「地面にぶつければ割れる」「力を入れて思いっきり叩けば割れる」と思っていた子どもも多いようで、そういう子のくるみはだいたい明後日の方向に跳んでいっていました。
(押さえる力が弱かったり、叩く力が弱いとくるみが跳んでいったり、割れなかったりします。)
しかし、一度力加減を覚えると子どもたちも上手に割れるようになっていきました。


(一生懸命すりつぶしたくるみ。この後、砂糖と醤油(めんつゆ)が入ってくるみあんになりました。)

餅が完成したら、自分たちでおつゆをよそって「いただきます」のあいさつです。
(奥は大人用の御前です。子どもたちは一足先にいただきまーす)

餅がメインのイベントなのにお前たち唐揚げから食うんかい(笑)

「うまーい!!」

これが当日の御前になります。
上左からあんこ、納豆、きなこ、いなり、のり、くるみの6種類です。
(さらにゴマと大根おろしが追加され最終的には8種類になりました)
千葉家を考える会のお母さんたちに作っていただいたおつゆも、子どもたちには大人気でした。
(個人的には漬物が大変おいしかったです)

今では当たり前のようにスーパーで売られている黄粉や餅も、昔の人たちは苦労して作っていたのだな、と考える良いきっかけになったと思います。
来年もまた道具を使った企画を計画中なので、報告を楽しみにしていてくださいね。

(小原)

カテゴリー その他, まつり・イベント

mark ネコちゃん返してください

いつも遠野市立博物館に来ていただき、誠にありがとうございます。

皆さんに悲しいお知らせがあります。
なんと第2展示室で展示しているネコエジコの中のネコのぬいぐるみが、なくなってしまいました。
職員も博物館の中を探しましたが、見つかりません。
おそらく誰かが、鞄か何かに入れて持ち帰ったようです。
このネコのぬいぐるみはボロボロではありましたが、ネコエジコにネコが入るとこうなるという実際に使用した際の様子を伝えるために入っていたぬいぐるみです。
博物館を訪れた小学生にも人気のネコで、いつも皆さんに撫でられていました。

博物館で展示されているものは勝手に持ち帰っていいものではありません。
当館は過去にも体験用においてあるお手玉やおはじき、展示品である魚の模型までも持ち去られたことがあります。
当館ではハンズオンコーナー(触ってもいい展示)を設け、お客様に実際に触れる機会を作りたいと考えていますが、あまりにもこのようなことが続けばそれも考え直さなければならなくなります。

今回のネコのぬいぐるみや今まで間違って持ち帰ってしまったものなどがあれば、受付などにこっそり返してください。
よろしくお願いします。

カテゴリー 博物館