著者 柳田國男について

柳田國男  ~日本民俗学の父〜

柳田國男

柳田國男は、明治8年(1875)7月31日、兵庫県神崎郡福崎町に生まれました。東京帝国大学法学科で農政学を学び、卒業後、農商務省に入省。農村視察・調査体験や佐々木喜善との出会いなどをきっかけに、風俗・文化の中から日本人の特質を求める学問を志すようになりました。

大正8年(1919)に官界を辞してからは本格的に日本各地を訪ね、昭和37年(1962)88歳で世を去るまで伝承や方言、習俗などを集め多数 の著書や論文を著して「日本民俗学の父」と呼ばれました。特に明治43年(1910)に発刊された『遠野物語』は、日本民俗学の出発を告げる記念碑ともなりました。