mark 【企画展】加守田章二とその弟子たち を開催します

 

加守田章二と弟子たち展チラシ

※この展示は終了しました。

■20世紀陶芸界の鬼才が遠野に残したもの
加守田章二(1933-1983)は、大阪府岸和田市に生まれ、20世紀後半の日本陶芸界に、異色の才能を燦然と輝かせた陶芸家です。
1961年、鉄釉作品で日本伝統工芸展に初入選したのを皮切りに、1967年には陶芸家として唯一、第10回高村光太郎賞を受賞。同年、伝統的な作風からの脱却を考えて日本伝統工芸展への出品をやめ、岩手県遠野市を初めて訪れました。
その後、遠野の新しい陶房で修行僧のように制作に励み、曲線彫文、彩陶など新境地を次々と発表し遠野時代を確立しました。1974年には、陶芸家初の芸術選奨文部大臣新人賞(美術部門)を受賞。デザインを研究し、独創的な器形を広く展開した加守田の作品は、従来の陶芸の概念を超え、多くの人を引きつけるとともに高い評価を受けました。1983年、50歳を前に夭折し多くのファンに惜しまれました。
本企画展は、平成27年度に沼田功氏から加守田章二陶房ゆかりの作品の寄贈を受けたことを記念し、当館所蔵の加守田章二作品、長男で陶芸家の加守田太郎氏の作品のほか、遠野時代の弟子たちの作品などを展示し、その生涯と弟子たちに与えた影響についてご紹介します。

【会 期】 平成28年10月14日(金)~11月23日(水・祝)
         ※会期中、10月31日(月)、11月7日(月)、14日(月)、21日(月)は休館です。
【会 場】 遠野市立博物館企画展示室
【時 間】 9時~17時(入館受付は16時30分まで)
【入館料】 一般 300円 / 高校生以下 150円(20名以上の団体は、1人当たり50円引き)
【お問合せ】 遠野市立博物館 TEL.0198-62-2340

カテゴリー お知らせ, 特別展

mark 【夏の特別展】金山繁昌―黄金に魅せられた人々―

金山展チラシ表

※この展示は終了しました。

■日本の産金のルーツは東北にあり!
遠野にはかつて数多くの金山がありました。遠野市小友町から宮守町にかけての金山地帯は、平安時代末から採掘され、奥州藤原氏の平泉文化を支えたとの伝説もあります。また、小友町には東北地方で唯一の水銀が出る蛭子舘鉱山があり、寛永5年(1628)にはこの山をめぐって仙台藩と盛岡藩の境争いが起きました。『遠野物語』の山人伝説の背景の一つには金山で働く人々の存在があったのではないかと考えられています。
本展覧会では、日本初の産金地である宮城県涌谷町の奈良時代の産金資料、中世を代表する金山の一つである湯之奥金山資料、江戸時代の金山作業の様子を描いた「金沢御山大盛之図」などのほか、遠野の産金資料を展示し、遠野の金山文化をご紹介します。

【会 期】 平成28年7月22日(金)~9月19日(月・祝)
         ※会期中、8月31日(水)は休館です。
【会 場】 遠野市立博物館企画展示室
【時 間】 9時~17時(入館受付は16時30分まで)
【入館料】 一般 300円 / 高校生以下 150円(20名以上の団体は、1人当たり50円引き)
【ギャラリートーク】 特別展を担当学芸員が解説します。
7/22(金) 13時30分~14時
8/6(土) 10時30分~11時
8/27(土) 10時30分~11時
【お問合せ】 遠野市立博物館 TEL.0198-62-2340

■記念講演会① 「岩手の地質と小友の砂金」
【日 時】 平成28年8月6日(土) 13時30分~15時
【会 場】 遠野市立図書館1階視聴覚ホール
【講 師】 岩手県立博物館 学芸第三課長 吉田充氏
【定 員】 50名 ※事前にお電話でお申込みください。定員になり次第予約を締め切ります。
【参加費】 無料
【予約・お問合せ先】 遠野市立博物館 TEL.0198-62-2340

■記念講演会② 「中世の産金と甲州金」
【日 時】 平成28年8月27日(土) 13時30分~15時
【会 場】 遠野市立図書館1階視聴覚ホール
【講 師】 甲斐黄金村湯之奥金山博物館 学芸員 小松美鈴氏
【定 員】 50名 ※事前にお電話でお申込みください。定員になり次第予約を締め切ります。
【参加費】 無料
【予約・お問合せ先】 遠野市立博物館 TEL.0198-62-2340

カテゴリー お知らせ, 特別展

mark これからの展覧会・催し

■企画展 京極夏彦の「えほん遠野物語」原画展

平成29年3月24日(金)~5月7日(日)
※期間中、3/27、3/31、は休館
遠野市立博物館企画展示室

■伊能嘉矩生誕150年記念特別展「伊能嘉矩と台湾研究」

第1期 平成29年7月21日(金)~9月24日(日)
第2期 平成29年10月1日(日)~11月23日(木)
※期間中、7/31、8/31、10/31、11/6、11/13、11/20は休館
遠野市立博物館企画展示室

 

*詳細については、決定次第随時お知らせします。

カテゴリー 特別展

mark 【冬の特別展】遠野のひな人形~ひなまつりの美~ 開催のお知らせ

※この展示は終了しました。
遠野のひな人形展ポスター

今年も第17回遠野町家のひなまつり(主催:遠野商工会)にあわせ、当館で所蔵するひな人形を展示します。
遠野のひな飾りは、ひな人形のほかに五月人形や錦絵なども飾るので、昔はちょっとした美術展覧会のようであったと伝えられています。
今回はひな人形や物語人形にくわえ、ひな飾りを彩る遠野ゆかりの美術品をあわせて展示し、遠野のひな文化を紹介します。

 

■会 期   平成28年2月12日(金)~3月13日(日)

■入館料   大人300円 / 高校生以下150円 (20人以上の団体の場合50円引き)

■開館時間  午前9時~午後5時 (受付は午後4時30分まで)

■休館日   2月15日(月)・3月7日(月)
※遠野町家のひなまつり開催中(2/19~3/3)は無休です。

■関連講座  「遠野のひなまつり~ひな人形の種類と歴史」
平成28年2月28日(日) 午前10時~11時30分
遠野市立図書館1階視聴覚ホール
定員40名 ※要申込、無料
遠野のひなまつりやひな人形の歴史について、当館学芸員が解説します。

■記念イベント「町家で楽しむ女子神楽」
平成28年2月20日(土) 午前11時より(午後0時30分終演予定)
三田屋(遠野市中央通り1-16 一日市商店街)
入場無料
昔ながらの町家を舞台に、女性たちが華やかな神楽を披露します。

■お問合せ  遠野市立博物館  電話:0198-62-2340 FAX:0198-62-5758

■遠野町家のひなまつりに関するお問合せ
遠野商工会  電話:0198-62-2456
www.shokokai.com/tohno/

カテゴリー 特別展

mark 【冬の企画展】グリム兄弟ゆかりの地 ドイツ・シュタイナウ写真展

この展示は終了しました。

シュタイナウ写真展チラシ

ドイツ中部にあるヘッセン州マイン=キンツィヒ郡シュタイナウ市は、グリム兄弟が少年時代を過ごした町として知られています。
「日本のグリム」と言われる佐々木喜善生誕の地である遠野市と、グリム兄弟が幼少期を過ごしたシュタイナウ市とは平成25年度から文化を通した交流を行っています。
本展では、グリム兄弟博物館からお借りした写真を中心にグリム童話などを展示し、グリム兄弟やシュタイナウ市の文化や自然についてご紹介します。

会 期  平成27年12月1日(火)~12月27日(日)
※会期中、12月7日(月)、12月14日(月)、12月21日(月)は休館です。

会 場  遠野市立博物館企画展示室

時 間  9時~17時(入館受付は16時30分まで)

入館料  一般 300円 / 高校生以下 150円
※20名以上の団体は、1人当たり50円引き

記念講演会  「日本のグリム佐々木喜善、グリム兄弟を考える」
宇都宮大学名誉教授 橋本孝氏
平成27年12月5日(土) 午後1時30分~午後3時
遠野市立図書館1階視聴覚ホール
定員30名    ※ご参加希望の方は、お電話でお申し込みください。

お問合せ    遠野市立博物館 TEL.0198-62-2340

カテゴリー お知らせ, 特別展