mark 【第38回全国地名研究者 遠野大会が開催されます】


 本大会は「陸奥の地 遠野からの発信」をテーマに掲げ、幅広い市民交流を目指した講演やエクスカーションが、6月15日、16日の二日間にわたって開催されます。参加を希望される方は、下記リンク先のチラシ(PDF)をご確認の上お申し込みください。

<1日目>
日時:6月15日(土)
受付9時 開会9時30分~17時(昼食休憩11時40分~13時)
会場:遠野市民センター大ホール
内容:
記念講演 「柳田国男と地名研究」       遠野文化研究センター 所長 赤坂憲雄
報告   1 遠野の「昔と今」        大橋進、レナータ・ピアッツア
     2 遠野郷の峠             富川岳
     3 アイヌ語地名と和語地名の狭間で   太宰幸子
     4 村人がいない謎の小平村       菊池秀男
     5 『遠野物語』と東日本大震災
        ~復興支援活動と文化財レスキュー 前川さおり
                ※演題や発表者、発表順は変更となる場合があります。
交流懇親会 18時30分~20時30分

◆諸会費
大会参加費: 2,000円(大学生以下無料)
昼食費:    1,000円(申込制。各自会場周辺の飲食店も利用可)*5月31日〆切り
交流懇親会費:5,000円

◆参加方法:遠野文化研究センターまで電話で申し込み(0198-60-2800)
         ※演題や発表者、発表順は変更となる場合があります。

<2日目>
日時:6月16日(日)
    8時30分頃~ 集合場所、時間は当日会場にて連絡

内容:エクスカーション(要申込・別途参加費有り)

◆参加方法:①郵便 ②FAX ③メール
 コース、参加費、詳しい申込方法についてはチラシ(PDF)をご確認ください。
選択コースによっては既に定員に達している場合もございますので、日本地名研究所の方へ一度お問い合わせ願います。お問い合わせ先は下記チラシに記載されています。

第38回全国地名研究者遠野大会チラシ(PDF)

カテゴリー その他イベント