mark 今年はちょっと違います!!【ひな人形展】

今年もこの季節がやってきました。
私たち博物館にとっては今年度最後の大きな展示、「遠野のひな人形」展です。
この展示作業が終わると、春だなあとしみじみ思います。
学芸員日記ひな①

いつものように重い雛段を組み立てて、雛道具のお椀の蓋が合わず、これでもないあれでもないとぱかぱか合わせてみるのですが、今年はちょっと違います。

なんと今年は初公開の雛人形があるのです。
それがこちら!!
学芸員日記ひな②
遠野では珍しい次郎左衛門雛です。
これは盛岡市の及川氏からご寄贈頂いた雛人形です。
及川家は遠野で「及新」という屋号で呉服店を営んでいました。

また、この次郎左衛門雛の大きな特徴は顔です。
「引目鉤鼻」と言って、筆ですっと書いたような細い目に、ほかの雛人形より高い鼻が特徴です。
この雛人形はその名の通り、京の人形屋 雛屋次郎左衛門が制作したといわれる雛人形です。この次郎左衛門は幕府で御用を務めていて、江戸に店を持っていました。
この次郎左衛門雛は雛人形の流行に関係なく作られ、武家や公家に重んじられました。

(いやあ、まさかこの遠野でお目にかかれるとは思いませんでした!!やった!!)

また、今回は及川家と共に遠野市の両川家からも雛人形をご寄贈いただきました。
両川家は江戸時代の遠野の豪商で、伊能嘉矩がその当時の店の様子を
「新町の橋畔より今の下横町の右角まで町の片側の全部を連なる店」(伊能
嘉矩著『遠野くさぐさ』より)と書いているほどです。
そんな両川家から頂いた享保雛がこちら!!
学芸員日記ひな③
いやあ、大きいですね。
享保雛は顔が面長で里芋のようなので里芋雛とも呼ばれています。
また特徴としては女雛の袴が丸くふっくらしているところです。
でかい・顔面長・袴がふっくらの三拍子そろっていればほぼ享保雛と言ってもいいと思います(多分)

遠野市立博物館ではこのほかにも初公開の雛人形や雛道具、掛軸なども展示しています。
3月11日(日)までの公開になりますのでぜひご覧ください。

また「雛人形ってそもそも何?」「どんな種類があるの?」という方の
ために当館学芸員によるギャラリートークも行います。
雛人形についてより詳しく知りたい方はぜひご参加ください!!

◆ひな人形展示解説(ギャラリートーク)◆
ひな人形についてより詳しく知りたい方のために、当館学芸員が展示解説をします。
質問なども聞けますので、ぜひご参加ください。
※当日時間までに企画展示室にお集まりください。

・日時 3月2日(金)午後1時半~午後2時
・場所 遠野市立博物館企画展示室

カテゴリー お知らせ, まつり・イベント, 博物館

mark 今年の干支の絵馬の話なのですが

博物館では里のコーナーに干支の絵馬を常設展示しています。
毎年、年末になると来年の干支に交換するのですが、来年(2018)の絵馬がこれです。

戌年なのでイヌのようですが、これは。
小さい絵馬

こちらの絵馬は館蔵の絵馬で、作者は分かっていません。
しかしこの絵馬の作者はとても面白い作者で、羊を見たことがなかったのかヒツジ年の絵馬にヤギの絵を描いていたり、今回のイヌのようになっていたり、かと思えばトリはとても上手に描いていたりします。

この絵馬は遠野市立博物館第2展示室里のコーナーの絵馬の場所に展示しています。
来年はまた違う絵馬になってしまいますので、見るチャンスは2018年しかありません!
皆さま是非この味のある1枚を見に来てみて下さい。

(小原)

カテゴリー その他, 博物館

mark 【伝承園の土間三和土工法】

 遠野観光の定番スポット・伝承園で土間三和土が行われました。これは足元が雨水等で崩れないよう踏み固めるための作業で、コンクリート開発以前は一般的に行われていました。その工程をざっくり紹介します。

1
まず土や石灰等を練って、

2
均して上からトントンと搗いていきます。

3
金槌で鉄板を叩き、平らに固めます。

4
窪み発見!

5
仕上げに持ち手を付けた板木で表面を叩きます。
この繰り返しです。
 

6

 完成した部分は急激な乾燥を防ぐために菰(こも)を掛けます。乾燥した白い箇所と、叩いたばかりの黒い部分。違いがくっきりしていますね。黒い部分は科学反応で発熱しており、触るとほんのり温かいのです。菰を被って寝転がると気持ちいいかも?

 
 紹介した場所は伝承園に入場すればいつでもご覧いただけます。皆さんもリニューアルした土間を見に、いざ伝承園へ!

カテゴリー その他

mark 【戦国キャリアウーマン清心尼公、山形へ出陣す】

IMG_5771IMG_5717

遠野が誇る女戦国大名・清心尼公が、9月30日に山形市で開催された「東北6姫祭り」に参戦し、「お姫様サミット」でPRを行ってきました。
この催しは、戦国時代に活躍したお姫様が東北6県からそれぞれ集結し、自らの生涯や地元の歴史について紹介するもので、艶やかな打ち掛けをまとった姫君達が「文翔館」におでましになりました。
そんな中で一人、尼装束である清心尼公は一際注目を集めておりました。しかも姫君に混じって唯一の殿様です。東北にも女の戦国大名がいらしたのか!と参加者から驚きの声があがりました。
清心尼公はもともと八戸根城南部家に生まれたお姫様でしたが、夫と跡継ぎの相次ぐ早世により自ら家督を継いで殿様となりました。再婚話を持ち掛けられますが、夫への貞節を守り出家してこれを拒否。家臣や領民からも慕われ立派に家を治めた名君でありました。
今年生誕150年を迎えた遠野出身の台湾人類学者・伊能嘉矩も清心尼公の顕彰活動に力を入れ、彼女を遠野の女性の理想像とする言葉を遺しています。後世に与えた影響も大きい人物です。
清心尼についてさらに詳しく知りたい方は、遠野市立図書館に読みやすい関連書籍があるのでぜひご一読ください。目指せ次期大河ドラマ!! 

カテゴリー まつり・イベント

mark 博物館実習お疲れさまでした!

今年も8月に遠野市立博物館では学芸員資格取得を目指す方たちのために、博物館実習を行いました。期間は8月21日(月)から25日まで(金)までの1週間の実習でした。
去年は大学の関係で実習が伸びたり、就活の関係で人数がまちまちの変則的な実習でしたが、今年は6人が1週間がっつり行った実習でした。

初日は実際の資料を使い、資料の取り扱い方を勉強します。調書(他の博物館などから資料を借りる際に、双方で確認しながら資料をチェックする作業)を書き込む実習でした。

学芸員日記④[1]
今年の実習生は慎重な学生さんが多く、ゆっくり時間をかけて調書を取っていましたが、実際の借用の際には限られた時間の中で、借りる全ての資料の調書を取らねばなりませんので、時間との勝負になります。常日頃から物を見る際に全体を見て、ポイント箇所を絞る目を養うことが大切です。

学芸員日記③[1]

また2日目は重要文化財「千葉家」の家財道具整理を実習してもらいました。
現在千葉家は修理中で内部を見ることは出来ませんが、千葉家の中にあった家財道具は現在整理作業の真っ最中です。実習生達は家財道具の手入れから実測まで一通りの作業をこなしていきます。(その際、大きな味噌樽の中に鼠の骨がびっしり入っていたらしいですが、手入れされていない資料には、虫の死骸やカビ、汚れは付きものです……。ひええ)

学芸員日記⑤[1]

(これがその鼠の骨だー!!)

資料の整理作業はどこの博物館でも、やり方は違えど必ず行われる作業になります。ここで経験したことが活かされたのか、4日目の午後に行われた博物館の資料整理では皆スムーズに行うことが出来ていました。

3日目は埋蔵文化財を取り扱う実習を行いました。遠野市立博物館の事務所には埋蔵文化財担当の職員もいるので、民俗以外の実習も行うことが出来ます。ここでは拓本(土器に専用の和紙を押し付け、その上から墨をあて形や模様を写し取る作業です。ここで取られた拓本は遺跡発掘などをした際の報告書に使われます)や注記(土器や土器片に小さな字でどこで採取したか、いつ採取したかなどの情報を書き込む作業です)を行い、さらに最近積極的に行っている教育普及活動である勾玉作りを体験しました。拓本や注記は一見簡単そうに見える作業ですが、そこにも良し悪しがあり、なおかつこれもスピード勝負なので実習生は真剣に取り組んでいました。

学芸員日記①[1]

4日目はきっと実習生が一番楽しみにしていたであろう、刀剣の取り扱い実習です。一通り講師の先生にやり方を教えてもらい、いざ実践!刀剣は一歩間違えればすぐに傷がついてしまいますし、手や指などは簡単に切れてしまうほど取扱いに注意が必要な資料です。
実習生はおそるおそる手入れをしていきます。
(初めて刀剣を手入れするのであれば、打ち刀くらいの長さが重すぎず軽すぎず、刃渡りも長くないのでやりやすいのですが、実習生は皆太刀を選んでいました)
刀剣の手入れに限らず、博物館の資料を取り扱う際には集中力と根気、さらには体力と腕力もあったほうがいいですね。(特に民俗資料は大きく、重い物も多いです)

学芸員日記②[1]

 

最終日には実習生に特別展を企画してもらいました。博物館では当然特別展を行いますので、企画書を作り、何が必要か、どのような日程で行うかなど計画することも必要になってきます。
今年の実習生は少々オリジナリティに欠けた企画(過去に遠野市立博物館で行った特別展と似たようなものを企画してしまった実習生もいました。他館や自分の博物館でどのような企画展を過去・現在行っているか調べることも重要なポイントです)でしたが、なかなか面白い所に焦点をあてていました。

今回は5日間ぎっしり行いましたのでいつもより短く感じた実習期間ですが、毎回実習を行う度に学芸員も反省点が出ます。今回の反省を来年に活かしつつ、遠野市立博物館では実習を行っていきたいと思います。
実習生の皆さん、5日間本当にお疲れ様でした!!

(小原)

 

 

カテゴリー その他, 博物館