mark 博物館実習お疲れさまでした

遠野市立博物館では8月の末に学芸員の資格取得を目指す学生さんのために、博物館実習を行っております。当館は特に学部や専攻について制限を設けていませんので、毎年様々な学科や専攻の学生さんがやってきます。
今年も1週間行った実習の中から少しだけ内容について、ご紹介します。

まず初めに資料の取り扱いについて学びます。
博物館や美術館、その館によってやり方は違いますが、基本は一緒です。
実習生達は調書(他館から資料などを借りる際に、双方で確認しながら書く確認用の紙です)の取り方や、資料の梱包の仕方、梱包材の作り方まで学びます。
(綿を中性紙である薄葉紙で包んで梱包材を作っている様子)
学芸員日誌 1

調書の取り方や資料の取り扱い方は、とても丁寧でしたが梱包材作りに思いのほか四苦八苦していたのが個人的には印象的でした。

また今回は、市内の中学生に対して実際に解説業務を経験してもらうため、初日に解説の練習をしました。実習生達はそれぞれのコーナーを担当して解説します。今回はコーナーごとの解説になりますが、通常学芸員は全ての展示室を解説出来なければなりません。1つの資料に対して10、20の事を知っていることは学芸員としては当たり前ですが、限られた時間の中で特に伝えたい事を精査し、伝える相手によって内容の伝え方を変えていかねばなりません。(小学生なら分かりやすい言葉で、遠野が初めての人は遠野についても一緒になど)
実習生達は限られた時間の中で、どこを伝えるか吟味しているようでした。また、やはり緊張してしまうのか全体的に声が小さめになってしまう実習生もいて、そこを反省している実習生も多くいました。
(解説は簡単なようで意外とむつかしいのだ!!頑張れ実習生)

学芸員日誌 4

そして当館に来る実習生の最大の目的と言っても過言でもない、刀剣実習も行いました。
刀剣の手入れは手順こそ簡単ですが、刀の種類によって柔軟性が求められる作業です。
しかし、実習生は真剣に刀を手入れしていきます。(当館には実戦で使用した刀もあるので、刀を受けた際の傷などもこの時に説明していきます)

学芸員日誌 3
刀の手入れは本数をこなせば上手く出来るようになるので、あまり機会はないと思いますが、是非覚えておいてほしいです。

その他、埋蔵資料の注記や拓本を取ったり(拓本とってます↓)

学芸員日誌 2

教育普及事業の一環である、勾玉作りを実際に体験したりしました。
(教育普及活動も博物館の大切な業務であり、それを自分達が身をもって体験することはとても大切なことです)

今年は計7人の実習生が博物館実習を終えました。
学芸員にならずとも、今回の実習は社会人になった時に何かの役に立つかと思いますので、是非糧にして頑張ってほしいです。(博物館にもまた遊びに来てね)

1週間、大変お疲れ様でした!!

 

(小原)

カテゴリー その他, 博物館