mark 試作品製作しました!

博物館、今年の夏季特別展はズバリ「河童」!!
子どもにも親しみやすいテーマということで、今年は河童をモチーフにワークショップを行うことにしました。
作るものは紙とセロハンで作るステンドグラスです。
当日と同じ時間でとりあえず学芸員が制作してみることに。

学芸員日記 2

下書きを書いて、どこを抜くか考えて……。
(器用な方ではないので、カッターとはさみを交互に使って汚く切れた部分も証拠隠滅です!!)

作りながら「子どもたちはどこでつまずくだろう?」「どこが分からなくなるだろう?」「どこが楽しいかな」など考えながら作ります。
途中制作過程やポイントのメモを取りながら進めていきます。

(このあと色の配分に悩むことになる私の作品↓)
学芸員日記
大人の私たちなら時間に余裕をもって完成するだろうと思っていましたが、結局2時間ぎりぎりまでかかってしまいました。
(子どもたちに作ってもらう際には時間配分に気を配る必要があります……。今後の課題です。)

当日対応する職員3名で制作してみましたが、同じ「河童」というテーマでも字を入れる職員や展示予定作品を再現する職員がいて、様々な作品が出来上がり面白いなあと感じました。
当日の子どもたちはいったいどんな作品を作ってくれるでしょうか?

(小原)

カテゴリー その他, まつり・イベント, 博物館