mark 今年の干支の絵馬の話なのですが

博物館では里のコーナーに干支の絵馬を常設展示しています。
毎年、年末になると来年の干支に交換するのですが、来年(2018)の絵馬がこれです。

戌年なのでイヌのようですが、これは。
小さい絵馬

こちらの絵馬は館蔵の絵馬で、作者は分かっていません。
しかしこの絵馬の作者はとても面白い作者で、羊を見たことがなかったのかヒツジ年の絵馬にヤギの絵を描いていたり、今回のイヌのようになっていたり、かと思えばトリはとても上手に描いていたりします。

この絵馬は遠野市立博物館第2展示室里のコーナーの絵馬の場所に展示しています。
来年はまた違う絵馬になってしまいますので、見るチャンスは2018年しかありません!
皆さま是非この味のある1枚を見に来てみて下さい。

(小原)

カテゴリー その他, 博物館