mark 遠野まつり

9月になり朝晩は涼しくなって秋らしくなってまいりましたが、日中はまだ暑い日が続いてます。

さて、今週末の9月17日(土)、9月18日(日)は遠野まつりです。

市内の郷土芸能が一堂に会するこの祭りは、遠野郷八幡宮や一日市(ひといち)通り、駅前通り、蔵の道ひろばなどの町中が会場になって行われます。

祭りが近くなった最近では夕方になると、町の中から南部ばやしのお囃子が聞こえてきます。このお囃子の音色を聴いていると祭りが待ち遠しくなってきてワクワクします。

17日は遠野市街地で郷土芸能団体のパレードともちまきが行われ、18日は遠野郷八幡宮で流鏑馬と神楽の共演会があります!

気になる遠野の週末の天気は、晴れの予報です。

参加して楽しい、見て楽しい遠野まつりは今週末ですので、ぜひおいでください!

 

↓遠野まつり当日についてはこちらをご参考ください

http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/25,10655,124,html

(遠野市ホームページ内観光のページのお祭り・イベント)

カテゴリー お知らせ, まつり・イベント

mark ど、どろぼうだ!!

博物館の特別展「金山繁昌-金に魅せられた人々-」が公開されてから一週間が経ちました。続々と家族連れのお客様や観光のお客様が来館されています。

鉱山で働いているかっぱがいるのコーナー「鉱山かっぱ」では公開初日はかっぱがちらほらとしかいませんでしたが、いまではこんなに鉱山で働くかっぱが!

かっぱ2

(公開初日は6匹しかかっぱがいませんでした…。)

小学生から大人まで様々な方が思い思いのかっぱを塗っていきます。

このかっぱは実際に鉱山で働く人をモデルにしています。少しでも鉱山でどのような仕事をしていたのかを見る機会にして頂ければ嬉しいなあ。

さらに今日(29日)からレアキャラどろぼうかっぱを追加しました。金山には実際に金を盗んで行った人もいたそうです。このかっぱ、他のかっぱに紛れて数枚しか入っていませんので、ぜひ探してみて下さいね。かっぱ3

特別展「金山繁昌-魅せられた人々―」は9月19日(月・祝)まで公開中です。

是非かっぱを塗りに来てくださいね!!

 

カテゴリー お知らせ

mark 夏季特別展「金山繁昌―黄金に魅せられた人々―」公開しました!

7月22日(金)から特別展「金山繁昌―黄金に魅せられた人々―」が始まりました。

1

(写真は22日に行われたギャラリートークの様子です。)

タイトルにある金山繁昌の文字は『遠野古事記』(1763)に出てきます。これは金山を掘るために他の領地から大勢の人が集まり、それを目当てに様々な物売りが集まり、小友の町中が金山で大変賑わった事を表している言葉です。また遠野には金山に関わる伝説が数多く残っています。それほどに遠野は金山と深いかかわりがあるのです。

今回展示している資料は遠野の金山で実際に使用した道具や、鉱石、実際に採れた砂金なども展示しています。また今回は日本で初めて砂金が発見された地宮城県涌谷町の砂金や、宮城県指定文化財である「天平銘丸瓦破片」、戦国大名武田氏を支えた山梨県身延町の甲州金(レプリカ)、日本最大の金銀山である佐渡金山の写真なども展示されています。

23

さらに公開と同時に発行された図録には実際に金山で働いていた方のお話や遠野市内金山の一覧表も掲載しています。なかなか働いていた方にお話を聞く機会はなかったので非常に興味深く、面白いお話でした。今回図録に載せている文章はページ数の関係で聞き取りのほんの一部ではありますが、興味のある方は是非読んでみて下さい!!

また今回地味に頑張ったコーナーがこちらです。

4

金山という大人向けの展示で、どうにか子どもたちにも楽しんでもらいたいと思い、2日で作成しました!!さまざまな鉱山の仕事をしているカッパがいますので、その中からカッパを選び、色を塗り、壁に描かれている金山の様子の絵にぺたりと貼ってください。どこでどんな仕事をしているか、どんな色の道具を使っているか、分からなくなったら是非展示を見てみて下さいね。

特別展は7月22日(金)から9月19日(月・祝)までとなっております。

皆さんのご来館お待ちしております!!

 

カテゴリー お知らせ

mark 新しく入った佐藤夏穂です!

 はじめまして!盛岡から引っ越してきた佐藤夏穂(さとう なつほ)と申します!今月から、遠野文化研究センターで社会人一年目のスタートを切りました。 元々不思議な話や妖怪に関心があり、大学でもそれに関する研究をしていました。この地、この職場に巡り合えたことは何かのご縁だとうれしく思っています。今後、調査等でお邪魔した際はよろしくお願いいたします。

 さて、早速4月6日に民俗調査に行ってきました。達曽部の稲荷穴神社で執り行われた「三の午」の祭典についてです。祝詞や湧水神楽を奉納する儀式後の直会で、地元の方々から貴重なお話をたくさん聞かせていただき、この祭りが地元の方々にとって大切なもので、その時代ごとに脈々と受け継がれてきたものだと知ることができました。遠野文化の最前線に触れ充実したと同時に、自分の勉強不足を痛感した一日でもありました。これからここで暮らしていく中で、遠野の財産を吸収していけるよう頑張りたいと思います!「佐藤(夏)」

DSC_0009 学芸員日誌用

カテゴリー お知らせ

mark 「あの日を忘れない 東日本大震災の本展」が開催されています。

遠野市立図書館で3月29日まで企画図書展「あの日を忘れない 東日本大震災の本展」が開催されています。

DSC_6828
東日本大震災に関する絵本や記録集、読み物など約150冊を展示し、利用者カードを持っていれば借りることもできます。 当センターで震災から続けてきた「三陸文化復興プロジェクト」の紹介パネルも展示していますので、是非ご覧ください。 また、3月18日(金)には講座「震災から5年 遠野は文化の力でなにができたのか」を開催します。東北の現状について考える講演や、「献本活動」や「文化財レスキュー」などの活動報告を行います。 くわしくはこちらをご覧ください→【講座「震災から5年 遠野は文化の力で何ができたのか」を開催します】(リンク) 皆さまのご参加をお待ちしております。 【樋口】

カテゴリー お知らせ