mark クサソテツ【方言名:コゴミ】

クサソテツはオシダ科の多年草で、山道の法面など湿り気がありやや日当たりの良い場所などに自生しています。遠野では猿ヶ石川の堤防や橋の下などでも見られる、身近な春の山菜です。 方言の「コゴミ」は「屈(こご)む」のことで、形が腰を曲げたように見えるから、とのことです。 食べるのは若芽ですが、成長が早く数日するとすぐ葉が開いてしまいます。ゼンマイやワラビなどと違ってアクが無いため、ゆでてそのまま、おひたしやあえもの(ごま、マヨネーズ、酢味噌)などにして食べますが、天ぷらもおすすめです。

山道の斜面で

太めのものを摘んでください。根こそぎ収穫しないように。

酢味噌あえ

天ぷら

カテゴリー 課長の自然誌図鑑

mark アサツキ【方言名:ヒロッコ、シロッコ】

アサツキは「浅葱」と書くようにヒガンバナ科ネギ属に属していますが、ネギより淡い緑色をしていることから、アサツキと呼ばれるようになったとのこと。遠野では「ヒロッコ」「シロッコ」と呼ばれ、産直でも売っているほどに、春の山菜として親しまれています。   根が球根状の多年草で、夏は地上部の葉が枯れて休眠します。日当たりの良い斜面など人家の周りにでもよく見かけます。株立ちになっているアサツキをスコップなどで掘り起し太めのものを収穫します。細いものは、また埋め戻しておきましょう。 よく洗いさっと湯がいて酢味噌あえがお勧めです。

    

【小笠原】

カテゴリー 課長の自然誌図鑑

mark フキノトウ【方言名:バッケ】

春の訪れを告げる一番早い山菜がフキノトウです。フキノトウはキク科のフキやアキタブキの花で雄株と雌株があり、遠野の方言ではバッケと呼びます。遠野の植物に詳しかった故三浦徳蔵さんによると「いろいろ方言の意味を言う人があって、「化ける」が語源だという人やアイヌ語だとか言いますが、あまり当てになりません」とのこと。  天ぷらや味噌汁、バッケ味噌もおすすめで、独特のほろ苦さと香りが春を感じさせてくれます。フキノトウの雄株は花後に枯れてしまいますが、雌株は枯れずに茎が伸びます。この茎は柔らかくて筋も気にならず、フキと同じような料理の仕方でおいしく頂けます。

バッケ

 

少し焦げてしまったバッケとウド(市販)の天ぷら

味噌汁(入れすぎに注意)

日向のバッケはだいぶ大きくなりましたが、日陰や高所のバッケはゴールデンウイーク明けまでは楽しめると思います。皆さんも試してみてください。 【小笠原】

カテゴリー 課長の自然誌図鑑