mark お盆行事

お盆です。
旧暦の7月15日頃に行われていましたが、暦が改められてからは全国的に8月にお盆を行うところが多いです(東京など一部の地域では7月にお盆を行うところもあります)。
亡くなった人が帰ってくると言われており、そのため様々なお供えものや習わしで祖先の霊を供養します。
私も買い出しから始まり、棚づくりやお墓参りをしてきました。

このお盆の風習は地域によって様々です。
わが家のスタンダードなお盆の過ごし方は…
12日:買い物 ⇒13日:午後に棚づくり、夕方にお寺に火と水を貰いに行く(提灯に灯した火を棚の蝋燭に移し、水は仏様の飲み水に使います)、夜に※松明かし(迎え火) ⇒14日:早朝に墓参り(墓の前で松明かしと花火)と寺参り、朝食後に親戚などの家を拝みに歩き、夜は松明かし ⇒15日:早朝に墓参り(寺にはいかない)、夜に松明かし ⇒16日:夜に松明かし(送り火)
ちなみに仏様のごはんは日に6度(朝食・10時のおやつ・昼食・15時のおやつ・夕食・夜食)、仏様が太らないか心配です。
※松明かし…8月の1日・7日・13~16日・20日・31日に、先祖供養のため家の前で松の根を燃やします。古い鍋釜の中で燃やし(片付けが楽だから?)、その煙が魔除けになるのだと祖母に教わりました。私が子供の頃はこの松明かしの日だけ花火をしても良いと言われていました。

私が知っているのは県北部と沿岸なので、同じ岩手県内でも遠野のお盆とは違うところもあります。

お墓にお供えするご飯 わが家:生米 ⇔ 遠野:おふかし
お墓で燃やす材料 わが家:松 ⇔ 遠野:松か麦がら、わら
お墓で花火 わが家:やる、子どもの頃は爆竹やロケット花火もやっていた ⇔ 遠野:基本はしない、一部地域ではやるらしい

お墓参りの様子を聞いたところ、上のような違いがありました。
他にも、送り火についても遠野では「ナスの牛にお供え物を菰に包んで背負わせ川に流す」という話聞きました。わが家ではやりませんが、ご先祖様へお土産を持って帰ってもらおうという気持ちがこもっていていいなあと思いました。
遠野の送り火といえば、附馬牛町上柳徳昌寺の「舟っこ流し」に去年取材に行きました。地元の方だけでなく観光客も大勢いますが、真っ暗な川面に灯篭がゆっくりと流れていく様子は、なんとなく物悲しい気分になります。
新仏のあった檀家が手づくりした灯篭だと聞いたからでしょうか。

が、しばらくすると灯篭の間を縫って一艘目の舟が燃え盛りながら流れてきます。
橋の上から見学していると下を通る炎の熱と舞い散る火の粉に圧倒され、少し前に感じたなんとなく物悲しい気分は吹き飛びます。
二艘目が炎をあげて流れてくる頃には「賑やかな見送りの方がご先祖様も楽しいに違いない」と考えるようになりました。

下の写真は去年の様子です。
今年も16日の送り火として舟っこ流しが開催されるそうなので、遠野でも数少なくなったこの行事を見学しながらご先祖様を見送るのもいいかもしれません。(ただし自分の家の送り盆をおろそかにしないようにしなきゃとも思います。基本は供養のための習わしですから)

  
  

地域や家の習慣を大事に続けてほしいなと思います。
【松浦】
カテゴリー まつり・イベント, 遠野の習俗

mark 遠野 町家のひなまつり 開催中!

城下町遠野の町家で代々受け継がれてきたおひな様を特別に一般公開する 「遠野 町家のひなまつり」が本日より開催されます。 ■日 時:平成25年2月22日(金)~3月3日(日)      午前10時~午後4時 ■場 所:遠野駅周辺商店街など 詳細はこちら⇒パンフレット(PDF) 今朝からセンターのある一日市通りにも会場の目印である「遠野 町家のひなまつり」と書かれた赤い暖簾やのぼりがはためき、さっそく雛めぐりを楽しむ方々が歩いていました。 家々のおひなさまに伝わる物語。 語り部1000人プロジェクトで認定を受けた「歴史の語り部」が、その由来や思い出などを語っておもてなしする会場もあります。 中には小学生ながら立派に語る「語り部」もいます。 是非皆さま、お越しください。 我が遠野文化研究センターも会場です。
遠野・花巻の土人形のおひなさまを展示しています。 「みずきびな」やちいさなギャラリーもあります。      一日市なつかし写真展と同時開催です。ぜひご覧ください。 【樋口】

カテゴリー まつり・イベント, 遠野の習俗