mark 流し雛

3月3日は「上巳の節句(じょうしのせっく)」といって、女児の健やかな成長を願う雛祭りが行われます。由来には諸説がありますが、平安時代の京都では貴族の子女の遊びとして「雛遊び」が行われていたそうです。また、紙で作った人形で体をなで、ケガレや災厄を人形に移して川や海へ流す穢れ祓いも、同時代にはすでに行われていました。源氏物語の「須磨の巻」では、上巳の節句に海辺で穢れ祓いをする場面が出てきます。 遠野文化研究センターはじめ、お雛様を公開していた会場のいくつかでは「流しびな用紙」を設置していました。人形用紙に名前と年齢を書いて体を撫でて息を吹きかけ、預り箱に入れてもらいました。まとめてお祓いをして、来内川へ流します。 3月3日の午前中に、関係者や遠野保育園の園児たち、観光客が集まり神事が執り行われました。皆様からお預かりした人形は、紙の船に乗せられて神職さんのお祓いを受けます。 その後、遠野文化研究センターの前川補佐による「流しびな」の講話がありました。      遠野には、流しびなにまつわるこんな昔話が伝わっています。 「むかし、ある正直な男が、大鶴堰(だいかくぜき)で美しい小さな人形をひろい、やたらに泥棒を働くようになりました。しかしついに人にとがめられ、人形をひろってから盗みがしたくなったことを白状し、再び人形を捨てたところ、もとの正直者にもどったといいます。」 大鶴堰に流されたこの人形は、美しくとも誰かの災厄やケガレが移されたものだったのでしょう。そのため、正直者だった男が盗みを楽しむ悪人になってしまったのです。 かつての遠野でも人形を流して厄払いをする「流し雛」のような行事が行われていたと事が、この昔話によって伝えられています。 園児たちによって、厄を移した人形は無事に来内川へ流されました。これで今年も元気に過ごせるはずです。 【松浦】

カテゴリー まつり・イベント, 遠野の習俗

mark 小正月行事

七草粥も終わり、来週は小正月を迎えます。 遠野物語に「小正月の晩には行事はなはだ多し」とあるように、1月15日前後にはさまざまな小正月行事があります。 ・お立木(オタテギ) 庭などに立てた栗の木の杭に三尺~五尺の楢や松の薪を副木として飾り、神聖なものとして信仰する行事。立てる日、場所、解体の日は地域によって異なる。 小友町鳴沢では12月20日に栗の木を切って新しく杭を作り、1月14日に飾りつけを行う。弓矢は南側に向ける。二月の年祝いに「お立木の帯とき」といって解体し、杭は稲架として、副木は夏の繁忙期の薪として使用する。 ・お作立て 「ミズキダンゴ(色つきのダンゴで果物に見立てる)」 「アワボ(モチをアワに見立てる)」 「ヒエボ(ワラの先にダンゴをつけてヒエに見立てる)」 「マメギ(コメの木に挿した小さなモチを大豆に見立てる」 「イナバセ(ワラ数本を結わえたものに小さく切ったモチをつけて稲のハセに見立てる)」「マユダンゴ(ワラの先に挿したダンゴを20個ほどまとめて蚕の繭に見立てる)」 豊作を祈願してこれらを飾り付ける。 ・成り木  夕顔や南瓜の豊作を祈願して作る。お作立ては女が作り団子や餅で飾り付けるが、成り木は男が作り、栗や胡桃の若木を夕顔、馬の沓を南瓜に見立てて飾りつける。 ・ナモミタクリ、ヒカタタクリ  ヒョウタンの中に小刀を入れてからからと鳴らし、火にあたってばかりの怠け者の脛にできたヒカタ(火斑)を小刀で剥いてやろう、と言いながら家々を廻る者があり、これが門前に来たら餅を出して詫び言をし、帰ってもらう。 ・女の年とり  小正月は「女の年とり」とも呼ばれた。鞍や納屋のねずみにも「嫁子餅」を与えたり、家の中の諸道具も年とりなので餅を供えた。 ・狼の餅、狐の餅  ワラヅトに餅を入れて山の麓や木の枝に結び付け、狼に餅を与えた。狼ではなく狐に餅を与えるところもある。 ・カラス呼ばり  子どもたちが、小さく切った餅を持って「カラス、カラス、餅やるから来い、来い」と鴉を呼ぶ。 ・ナマコすり、又はナマコ引き  「ナマコどののお通り、もぐら殿のお国替え」などと唱えながら、海鼠を炭俵に包んだり馬沓に乗せて引いて回ると、もぐら除けになると言われていた。 ・ヤロクロ  「ヤロクロ飛んでくる。銭こも金こも飛んでくる。馬こ持ちの殿かな、ベココ持ちの殿かな。豆の皮もほがほが、蕎麦の皮もほがほが」などと唱えながら、家の主人が玄関と門の間を三往復しながら豆の皮や蕎麦の皮を蒔く。『ヤロクロ』は遠野南部家の南部弥六郎という殿さまのことで、八戸から遠野へ国替えになって入部して来たことを祝った行事がもとになっているという。 ・お田植え 松の葉を雪の上にさして田植の真似事をし、豊作を祈願する。 ・福の神、春駒、畑蒔き、田植  夕食後に子どもたちが少人数のグループで家々を廻り、餅や小遣いなどをもらう。 ・成木責め  一人が果樹の幹を斧で叩きながら「良い実がならなからば切るぞ」と言うと、もう一人が「よい実をならせるから許してたもれ」と答え、来年の実りを果樹に約束させる。 ・カセギドリ  村の若者たち2,30人がグループを作り、他の村の豪農宅へ行き鶏の真似をしながら餅を貰う。その村の若者たちは、他村のグループが餅を持って行くのを阻むために水をかけて応戦する。また、違う村のカセギドリたちが道の途中で出会った場合も、鶏の真似をしたあとに闘争し、勝った方が負けた方の餅をすべて奪ってしまう。 ・窓ふさぎ、又はヤツカカシ  小正月の夜や冬の満月の夜は雪女が、小正月の夜半過ぎには山の神が出てくると伝えられ、宵を過ぎると皆家の中に入り、栗の若木の枝を五寸くらいの長さに切って、餅、魚(たづくり)、昆布などを挟んで家の窓や入口にさして魔除けにした。 ・月見、又は年占い  六つの胡桃の実を十二に割り、全て炉の火にくべて、胡桃の実の状態で月毎に占う ・世中見、又は作見  いろいろな米で鏡餅を作り、それらの米の上に作った鏡餅を乗せて一晩置き、翌日餅についた米粒の多い銘柄が豊作になると考えられた。 かつては一日でこれだけの行事をこなしていたのだそうです。小正月行事が手早く済まされなければ一年の仕事が遅れると伝えられ、一家総出で取り掛かったといいます。 翌日以降も「鳥追い」「オシラアソバセ」「田植踊り」などが続きます。 現在では廃れてしまった行事もありますが、地域ごとにいまも伝えられ続けられている行事もあります。 また、遠野ふるさと村や伝承園ではこういった伝統を残すため、さまざまな小正月行事を行っています。 家では難しくなってしまった行事でも、ふるさと村や伝承園の行事に参加すれば、気軽に体験できます。ご興味を持たれた方はぜひご参加ください。 1月11日(日) みずき飾り(遠野ふるさと村リンク) 1月15日(木) 冬だより~小正月~(伝承園リンク) 【松浦】

カテゴリー 遠野の習俗

mark 節分

実家にいたときは家族で豆まきをしていましたが、一人暮らしでは物寂しいのでやりません。
そこで、遠野八幡宮の節分祭に行ってきました。

12時からの豆まき神事に参加したのですが、他の参加者はビニール袋を装備して準備万端で神職さんを待ち構えています。手ぶら参加の私と友人は、すでに気迫で負けていました。
戦果は福豆×1、チョコ×1、手渡されたミカン×1
餅まきと一緒で、ゲットするためには気迫と経験値が必要だと感じました。
  
立春の前日・2月3日は季節の分かれ目である「節分」であり、邪気祓いのために家々で豆をまいたり玄関に焼いたイワシの頭とヒイラギの枝を飾ったり、最近では恵方巻きを食べたりして、一年の無事を願います。
昔々、京都の鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げにより、炒った大豆を鬼の目にぶつけて退治したという伝説があります。
「炒る」は「射る」に、「豆」は「魔目(まめ:鬼の目)」、「魔滅(まめ:鬼退治)」と同じ音のため、語呂合わせで「魔目を射て魔を滅す」という意味があると言われています。

私は子どもの頃から落花生で豆まきをしていました。それが普通だと思いながら育ったのですが、落花生を使うのは一部の地域のみだと大学生になってから知りました。
北海道・東北と信越の一部、それに落花生の生産地などでは、大豆よりも落花生で豆まきをするのだそうです。
昭和30年代に、北海道の人たちが「雪の中でも拾いやすい」「殻つきなので落ちても拾って食べられる」「大豆は春夏の収穫だが、落花生は秋冬に収穫できる」などの理由から落花生を使い始めたそうです。
合理的です。でも落花生では上記の語呂合わせの鬼退治ができない…。
ちなみに食べる豆を、殻の中の一粒ずつ数えるか、それとも殻で一つと数えるかは各家庭によって違うようです。わが家は粒で数えます。
皆さんのご家庭ではどうでしょうか。
【松浦】 
カテゴリー 遠野の習俗

mark 遠野八幡宮 年越祭・どんと祭

1月15日、遠野八幡宮の年越祭・どんと祭に行ってきました。

境内掲示板に貼ってあるポスターによると、「小正月のこの日だけ、御本殿奥に安置されている『遠野物語』110話に登場するゴンゲンサマを年に一回あそばせ、故事にならい参列者の頭を噛む。その後、境内では門松やしめ縄・古神札を燃やすどんと祭が行れ、燃え上がる炎で身を清め、その火で餅を焼いて食べ無病息災を祈る。」とのことだそうです。

        

                      正面拝殿         生まれ年による一代守護神を奉る守護神社

 

ゴンゲンサマに頭を噛んでいただくと、災難や疫病を退散させ、厄を払ってもらえると云われています。

せっかくなので頭を噛んでいただきたいと思い、拝殿にお邪魔して年越祭に参列させていただきました。

        

        八幡神楽 ゴンゲン舞          このあと頭を噛んでいただきました

年越祭が終わった後、馬場でどんと祭が行なわれました。

お焚き上げの焚火を周るゴンゲンサマ

積み重ねた古い神棚や破魔矢などに、今まで家や家族を守ってくれたことに感謝の念が込められ、お焚き上げが行なわれました。

その後、振る舞われた餅を長い串に差し、無病息災を祈りながらお焚き上げの火で焼きました。火の勢いは激しく、近づくのは大変でしたが、何とかおいしく食べることができました。

        

        燃え上がる炎vs筆者                        おみくじの結果は…

これで本年も健康に暮らせそうです。

【伊藤】

 

カテゴリー まつり・イベント, 遠野の習俗

mark みずきだんご作り

先日、上鱒沢地区で行われた「みずきだんご作り」に行ってきました。 みずきだんごは赤い木肌のミズキに繭や粟、稗に見立てた団子を飾り、五穀豊穣を祈る小正月の行事です。 集会所には立派なミズキが用意され、団子作りが始まっていました。 大人たちが丸めた団子を、子供たちがどんどん飾っていきます。    中にはこんな可愛らしい団子もありました。    お昼ご飯には小正月の時季に大鍋一杯に作る、という「けんちん汁」をいただきました。 ナラ茸、わらび、豆腐、ささげなどが入っており、出汁を入れなくとも具材からでる旨みだけで美味しいおつゆです。 この地区では三世代交流の一環として、14、5年前からみずきだんご作りを始めたそうです。各家庭ではやらなくなった伝統行事を、地域を通して残したいという思いがあったと聞きました。 「オレの小さいころは、もっと大きな木でやったもんだ~。」など、地域の大人たちが語る昔話を聞きながら飾ったみずきだんごつくりはとても楽しかったです。 【樋口】

カテゴリー まつり・イベント, 遠野の習俗