mark 今年はちょっと違います!!【ひな人形展】

今年もこの季節がやってきました。
私たち博物館にとっては今年度最後の大きな展示、「遠野のひな人形」展です。
この展示作業が終わると、春だなあとしみじみ思います。
学芸員日記ひな①

いつものように重い雛段を組み立てて、雛道具のお椀の蓋が合わず、これでもないあれでもないとぱかぱか合わせてみるのですが、今年はちょっと違います。

なんと今年は初公開の雛人形があるのです。
それがこちら!!
学芸員日記ひな②
遠野では珍しい次郎左衛門雛です。
これは盛岡市の及川氏からご寄贈頂いた雛人形です。
及川家は遠野で「及新」という屋号で呉服店を営んでいました。

また、この次郎左衛門雛の大きな特徴は顔です。
「引目鉤鼻」と言って、筆ですっと書いたような細い目に、ほかの雛人形より高い鼻が特徴です。
この雛人形はその名の通り、京の人形屋 雛屋次郎左衛門が制作したといわれる雛人形です。この次郎左衛門は幕府で御用を務めていて、江戸に店を持っていました。
この次郎左衛門雛は雛人形の流行に関係なく作られ、武家や公家に重んじられました。

(いやあ、まさかこの遠野でお目にかかれるとは思いませんでした!!やった!!)

また、今回は及川家と共に遠野市の両川家からも雛人形をご寄贈いただきました。
両川家は江戸時代の遠野の豪商で、伊能嘉矩がその当時の店の様子を
「新町の橋畔より今の下横町の右角まで町の片側の全部を連なる店」(伊能
嘉矩著『遠野くさぐさ』より)と書いているほどです。
そんな両川家から頂いた享保雛がこちら!!
学芸員日記ひな③
いやあ、大きいですね。
享保雛は顔が面長で里芋のようなので里芋雛とも呼ばれています。
また特徴としては女雛の袴が丸くふっくらしているところです。
でかい・顔面長・袴がふっくらの三拍子そろっていればほぼ享保雛と言ってもいいと思います(多分)

遠野市立博物館ではこのほかにも初公開の雛人形や雛道具、掛軸なども展示しています。
3月11日(日)までの公開になりますのでぜひご覧ください。

また「雛人形ってそもそも何?」「どんな種類があるの?」という方の
ために当館学芸員によるギャラリートークも行います。
雛人形についてより詳しく知りたい方はぜひご参加ください!!

◆ひな人形展示解説(ギャラリートーク)◆
ひな人形についてより詳しく知りたい方のために、当館学芸員が展示解説をします。
質問なども聞けますので、ぜひご参加ください。
※当日時間までに企画展示室にお集まりください。

・日時 3月2日(金)午後1時半~午後2時
・場所 遠野市立博物館企画展示室

カテゴリー お知らせ, まつり・イベント, 博物館

mark 今年の干支の絵馬の話なのですが

博物館では里のコーナーに干支の絵馬を常設展示しています。
毎年、年末になると来年の干支に交換するのですが、来年(2018)の絵馬がこれです。

戌年なのでイヌのようですが、これは。
小さい絵馬

こちらの絵馬は館蔵の絵馬で、作者は分かっていません。
しかしこの絵馬の作者はとても面白い作者で、羊を見たことがなかったのかヒツジ年の絵馬にヤギの絵を描いていたり、今回のイヌのようになっていたり、かと思えばトリはとても上手に描いていたりします。

この絵馬は遠野市立博物館第2展示室里のコーナーの絵馬の場所に展示しています。
来年はまた違う絵馬になってしまいますので、見るチャンスは2018年しかありません!
皆さま是非この味のある1枚を見に来てみて下さい。

(小原)

カテゴリー その他, 博物館

mark 博物館実習お疲れさまでした!

今年も8月に遠野市立博物館では学芸員資格取得を目指す方たちのために、博物館実習を行いました。期間は8月21日(月)から25日まで(金)までの1週間の実習でした。
去年は大学の関係で実習が伸びたり、就活の関係で人数がまちまちの変則的な実習でしたが、今年は6人が1週間がっつり行った実習でした。

初日は実際の資料を使い、資料の取り扱い方を勉強します。調書(他の博物館などから資料を借りる際に、双方で確認しながら資料をチェックする作業)を書き込む実習でした。

学芸員日記④[1]
今年の実習生は慎重な学生さんが多く、ゆっくり時間をかけて調書を取っていましたが、実際の借用の際には限られた時間の中で、借りる全ての資料の調書を取らねばなりませんので、時間との勝負になります。常日頃から物を見る際に全体を見て、ポイント箇所を絞る目を養うことが大切です。

学芸員日記③[1]

また2日目は重要文化財「千葉家」の家財道具整理を実習してもらいました。
現在千葉家は修理中で内部を見ることは出来ませんが、千葉家の中にあった家財道具は現在整理作業の真っ最中です。実習生達は家財道具の手入れから実測まで一通りの作業をこなしていきます。(その際、大きな味噌樽の中に鼠の骨がびっしり入っていたらしいですが、手入れされていない資料には、虫の死骸やカビ、汚れは付きものです……。ひええ)

学芸員日記⑤[1]

(これがその鼠の骨だー!!)

資料の整理作業はどこの博物館でも、やり方は違えど必ず行われる作業になります。ここで経験したことが活かされたのか、4日目の午後に行われた博物館の資料整理では皆スムーズに行うことが出来ていました。

3日目は埋蔵文化財を取り扱う実習を行いました。遠野市立博物館の事務所には埋蔵文化財担当の職員もいるので、民俗以外の実習も行うことが出来ます。ここでは拓本(土器に専用の和紙を押し付け、その上から墨をあて形や模様を写し取る作業です。ここで取られた拓本は遺跡発掘などをした際の報告書に使われます)や注記(土器や土器片に小さな字でどこで採取したか、いつ採取したかなどの情報を書き込む作業です)を行い、さらに最近積極的に行っている教育普及活動である勾玉作りを体験しました。拓本や注記は一見簡単そうに見える作業ですが、そこにも良し悪しがあり、なおかつこれもスピード勝負なので実習生は真剣に取り組んでいました。

学芸員日記①[1]

4日目はきっと実習生が一番楽しみにしていたであろう、刀剣の取り扱い実習です。一通り講師の先生にやり方を教えてもらい、いざ実践!刀剣は一歩間違えればすぐに傷がついてしまいますし、手や指などは簡単に切れてしまうほど取扱いに注意が必要な資料です。
実習生はおそるおそる手入れをしていきます。
(初めて刀剣を手入れするのであれば、打ち刀くらいの長さが重すぎず軽すぎず、刃渡りも長くないのでやりやすいのですが、実習生は皆太刀を選んでいました)
刀剣の手入れに限らず、博物館の資料を取り扱う際には集中力と根気、さらには体力と腕力もあったほうがいいですね。(特に民俗資料は大きく、重い物も多いです)

学芸員日記②[1]

 

最終日には実習生に特別展を企画してもらいました。博物館では当然特別展を行いますので、企画書を作り、何が必要か、どのような日程で行うかなど計画することも必要になってきます。
今年の実習生は少々オリジナリティに欠けた企画(過去に遠野市立博物館で行った特別展と似たようなものを企画してしまった実習生もいました。他館や自分の博物館でどのような企画展を過去・現在行っているか調べることも重要なポイントです)でしたが、なかなか面白い所に焦点をあてていました。

今回は5日間ぎっしり行いましたのでいつもより短く感じた実習期間ですが、毎回実習を行う度に学芸員も反省点が出ます。今回の反省を来年に活かしつつ、遠野市立博物館では実習を行っていきたいと思います。
実習生の皆さん、5日間本当にお疲れ様でした!!

(小原)

 

 

カテゴリー その他, 博物館

mark よっしゃ来い!実習生!!

遠野市立博物館では毎年、学芸員の資格取得を目指す学生さんのために博物館実習を行っています。
今年は8月21日(月)から1週間実習を行います。
写真は初日に使用する道具たち……一体何に使うか、実習生は分かるかな?

1

当館では実習要項の受入条件に該当し、書類の提出など所定の手続きを行えば、どんな分野の学生さんでも実習を行うことが出来ます。(ただし定員に達した場合など、必ずしも受け入れることが出来るわけではありませんので、実習を希望する学生さんは一度お問い合わせすることをおススメします。)
毎年当館に来る学生さんは「本当にうちの博物館でいいの!?」と思うような専攻の学生さんが来ます。
今年は一体どんな学生さんがくるのかな?

(小原)

カテゴリー 博物館

mark 特別展「伊能嘉矩と台湾研究」の見どころ

平成29年7月21日(金)から特別展『伊能嘉矩と台湾研究』が開催されています。
7月21日(金)~9月24日(日)までは第1期になります。
今回はその見どころを紹介します。

学芸員日記用①

◆台湾大学から借りてきた伊能が収集した当時の原住民の資料!!
今回の展示は台湾にある台湾大学や、台湾大学図書館から伊能が台湾を調査した際、
収集した資料を借用し、展示しています。
今回の資料が展示されるのは約90年ぶりになります。

皆さんは原住民と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?
裸に腰巻?肉を丸かじり?槍を持っている?
伊能が調査した当時の台湾原住民はとってもオシャレです。
部族によって服装は異なりますが、女性は髪を束ね布を巻き、アクセサリーなどを身に着け、服にも何枚も布を巻いています。男性もその部族の民俗衣装などを身に着けています。
また台湾原住民の服装は刺繍が細かく施されたものも多く、現代の私たちが見ても「素敵だな」と思う物も多いです。
残念ながら借用した資料の写真をこちらに掲載することはできないので、是非博物館で実物をご覧ください。
※なお、台湾からの借用資料は第1期のみの展示になりますので、お早めにご覧ください!

◆伊能の研究に対する姿勢が伺える資料!!
今回の展示では伊能家から寄託されている資料や当館で所蔵している資料なども展示しています。
中には伊能が台湾原住民を研究するにあたり自ら製作した調査の詳細な分類や、台湾原住民を調査する際の決意などが記載された文書、記録も展示しています。
伊能は研究に対し、大変な熱意と意欲を持ち、そして正確に記録しようと努めた人物でした。
その研究姿勢や論文は柳田國男など多くの研究者に影響を与えています。
柳田國男も絶賛する「伊能嘉矩」とはどのような人物なのか、ぜひその人柄を感じて行って下さい。

◆原住民族の写真!
展示の中には原住民族を映した写真も展示しています。
伊能が台湾を調査した当時は、治安もさることながら、厳しい自然やマラリアなどの病気の他、野盗や首狩りの風習から身を守らなければなりませんでした。
首狩りと聞くと野蛮だなと感じる方もいるかもしれませんが、首狩りの風習があった台湾原住民にとっては、とても重要な儀式のひとつでした。
今回はその首狩りの風習の様子や、原住民の伝統楽器を演奏している様子、踊りを踊っている様子などその当時の原住民写真も展示しています。

◆伊能だけじゃない!台湾に渡った岩手県の先人!!
今回はさらに伊能嘉矩の他に、台湾に渡った岩手県の先人として後藤新平と新渡戸稲造の資料も展示しています。(後藤新平の資料は後藤新平記念館よりお借りしました。後藤新平に関してより詳しく知りたい方は、是非記念館へ!)
後藤新平は明治31年(1898)に台湾総督府民政長官となり、経済改革と当時台湾で社会問題になっていた阿片の取締りを行いました。
また新渡戸稲造は、後藤新平に招かれ、明治34年(1901)台湾総督府民政部殖産局長心得に就任します。そこでサトウキビやサツマイモの普及と改良に大きな成果を残しています。

(おまけ)私、頑張りました!!伊能のパネル!!

学芸員日記④
今回の展示は子どもには少し難しい展示になってしまいましたので、少しでも伊能嘉矩に親しみを持ってもらおうと、等身大パネルを製作しました。ちなみにこれは明治34年(1901)に台湾にて撮影した写真になります。
特別展が行われている展示室は写真撮影禁止ですが、このパネルは写真撮影OKですので、是非皆さん色々なポーズをきめて伊能さんと一緒に写真を撮ってくださいね。

(小原)

カテゴリー お知らせ, 博物館