mark 企画展「加守田章二とその弟子たち」を開催します

10月14日(金)から11月23日(水・祝)まで企画展「加守田章二とその弟子たち」を開催します。
今回の企画展は平成27年度に沼田功氏から加守田章二陶房ゆかりの作品111点の寄贈を受けたことを記念し、当館所蔵の加守田章二作品、長男で陶芸家の加守田太郎氏の作品のほか、遠野時代の弟子たちの作品などを展示し、その生涯と弟子たちに与えた影響について紹介します。
かもた加工1

加守田章二(1933-1983)は、大阪府岸和田市に生まれ、20世紀後半の日本陶芸界に、異色の才能を燦然と輝かせた陶芸家です。高校時代から美術の才能を発揮し、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)に進み1956年に卒業後、茨城県日立市の日立製作所関連の製陶所などで働いた後、1959年栃木県益子町に窯を借りて独立し、本格的な作陶生活を始めました。
1961年、鉄釉作品で妻昌子とそろって日本伝統工芸展に初入選したのを皮切りに、1967年には陶芸家として唯一、第10回高村光太郎賞を受賞。同年、伝統的な作風からの脱却を考えて日本伝統工芸展への出品をやめ、岩手県遠野市を初めて訪れました。
その後、遠野の新しい陶房と単窯で修行僧のように制作に励み、曲線彫文、彩陶など新境地を次々と発表し遠野時代を確立しました。1974年には、40歳の若さで、陶芸家初の芸術選奨文部大臣新人賞(美術部門)を受賞、デザインを研究し、独創的な器形を広く展開した加守田の作品は、従来の陶芸の概念を超え、多くの人を引きつけるとともに高い評価を受けました。50歳を前に夭折し多くのファンに惜しまれました。

かもた2

かもた3
この企画展は11月23日(水・祝)までとなっております。
皆さま是非お越しください。

(小原)

カテゴリー お知らせ, 博物館

mark 特別展「遠野のひな人形~ひなまつりの美~」公開中です!

2月12日(金)から3月13日(日)まで

特別展「遠野のひな人形 ~ひなまつりの美~」が開催されます。

今年は鳥と花が描かれた春らしい掛軸を展示し、さらに遠野のひなまつりについて書かれた大正の新聞「上閉伊新報」も展示しています。

すでにお客さんがちらほらと…
編集⑴

また遠野のひな人形が実は江戸から来たものだった!?ということがわかる面白い資料も展示していますので是非じっくりとご覧ください。
編集済み⑶

さらに今年はA5サイズのひな人形クリアファイルを新たに制作しました。
表には当館所蔵の古今雛、裏には合貝の写真がデザインされておりひな祭りにぴったりの優雅なクリアファイルになっています。(1枚250円です)

編集済み⑵ 是非お手に取ってご覧ください

お知らせ
🌸関連講座「遠野のひなまつり ~ひな人形の種類と歴史」
遠野のひなまつりについて、当館学芸員が解説します。

■日時:平成28年2月28日(日)午前10時~11時30分
■会場:遠野市立図書館視聴覚ホール
■定員:40名(要申込み、無料)
お申し込みは遠野市立博物館(0198-62-2340)までお願いいたします。

(小原)

カテゴリー 博物館

mark ドイツ・シュタイナウ写真展

 12月1日(火)から12月27日(日)まで「グリム兄弟ゆかりの地 ドイツ・シュタイナウ写真展」を開催しています。

 「グリム兄弟」は誰もが知っている有名な名前ですが、彼らが一体どんなことをしたのか詳しく知っている方は少ないと思います。

 ヤーコプ・グリム(兄)とヴィルヘルム・グリム(弟)の兄弟がドイツに伝わる昔話を集めて作った本『子どもと家庭のメルヘン』、これが現在私たちがよく知っているグリム童話です。グリム童話には皆さんがよく知っている「白雪姫」や「シンデレラ」も含まれています。

 今回の展示はドイツにあるグリム兄弟博物館からお借りした写真の展示が中心となっています。さらにドイツのパンフレット、グリム兄弟が携わったドイツ語辞典、グリム童話をモチーフにしたポストカードなど展示しています。

加工写真加工写真2加工写真3加工写真4

 

是非皆さんシュタイナウの街並みを見に来てください!

(小原)

 

カテゴリー 博物館

mark 本田健展、開催中です!

 本日から秋季企画展「本田健展-山あるき、遠野-」が開催されます。
作者は遠野在住の画家、本田健さんです。

本田写真1

 主にチャコールペンシルという画材を使って描かれる白黒の作品は一見シンプルですが、見れば見るほど奥深さがあるように感じられます。ついつい時間を忘れて見入ってしまう魅力がありますよ!
小さい絵から巨大な絵まで幅広い大きさの作品が展示してありますので、是非博物館に足を運んでその大きさを体感してみてください。
 また廊下にも本田さんの油絵が展示してありますので、そちらもじっくり見学してみてください。

本田写真②

 さらにお知らせです。
10月10日土曜日に本田さんの講演会を開催します。
プロの画家のお話を聞ける貴重な機会ですので、皆さんぜひご参加ください。

本田健講演会
テーマ「遠野の自然とくらし」
10月10日(土)13時30分~15時
図書館1階視聴覚ホール 定員70名
※当日参加も受け付けております。

(小原)

カテゴリー まつり・イベント, 博物館

mark 今年の特別展のテーマはずばり妖怪!

先日8月1日に「妖怪を描こう」というテーマでイベントを行いました。 講師はなんとあのアニメ「妖怪ウォッチ」のキャラクターデザインを手がけている須田正己さん!妖怪ウォッチ以外にも有名なアニメの作画やキャラクターデザインを手がけています。さらにアニメプロデューサーの藤田勝己さんも講師にお招きしました。

イベントの始めに今回の講師2人が製作に携わったアニメ「語りべ少女ほのか」の上映。このアニメに出てくる妖怪は須田さんがデザインしています。

その後妖怪を描くコツを学びます。ホワイトボードに赤い線でアタリを描いて素早く描かれる天狗が圧巻です。

そして希望する参加者の方にオリジナル妖怪を描いてもらう事に…。

(休憩中に須田さんが参加者のプレゼント用に描いていたジバニャンに子どもも大人もわらわら…熱心に見つめます。)

この皆さんの描いたオリジナル妖怪がとっても個性的で「自分の嫌なもの」「自分の好きなもの」などモチーフもさまざまです。 大きな画用紙に描いたオリジナル妖怪を見て回る須田さん。完成した参加者の絵の中にその絵にあったジバニャンを描いてくださいました。


子どもたちも須田さんに緊張した様子でしたが、自分だけに描かれたジバニャンを見て大喜びです。

その後は須田さんが下さった色紙をプレゼントしてくれるということでじゃんけん大会を行いました。全部で3枚の色紙をかけて子どもだけでなく大人の参加者も白熱しました。

 

 

さらに8月8日には『視えるんです。』シリーズで有名な霊感漫画家・伊藤三巳華さんをお招きしてトークイベントを行いました。 遠野に来た時の様子を語る三巳華さん。

熱心に聞き入る参加者の皆さん。

さらにその後は夜の博物館でナイトミュージアムです。お化けに扮した職員が遠野物語と妖怪について関連付けながら解説し、聞き終わるとスタンプがもらえるスタンプラリー形式でした。河童に扮した職員の「かぱぱぱぱー」という鳴き声が聞こえたり、今風の山男が大人気だったりと怖い雰囲気を残しながらも館内は賑わっていました。 皆さん夜の博物館にびくびくしながらも解説に耳を傾けて下さいました。

特別展「遠野物語と妖怪」は9月23日(水・祝)まで開催中です。まだまだ博物館で妖怪が待ってますので是非お越しください。

今後のイベントのお知らせ

特別展記念イベント・ギャラリートークも実施中です。

8月29日(土)10時30分~  9月19日(土)10時30分~

学芸員が今回の特別展の資料を解説します。所要時間は30分程です。 場所は特別展室の入口です。 かっぱのかたるくんも登場します!

(小原)

カテゴリー 博物館