mark 【大修復!劇的ビフォーアフター】


   国の重要文化財に指定されている「千葉家住宅」は、現在約十年がかりの大修理工事が行われています。その現場の一部をご紹介します。

風呂【小】          千葉家釜跡

Before                                                    After

  After画像の中央は昭和49年に設置された五右衛門風呂があった跡です。ここで薪を焚いて風呂を沸かしていました。長年の炎で土が赤く焼けているのが判ります。手前の洗い場だったところを発掘すると、馬釜の跡が見つかりました。ここは、人が住んだ母屋部分と厩の間にあたる土間であるため、馬も暖を取れるよう設置されました。THE家。

 

ウチニワ7-1【小】           曲がった梁   

Before                                                       After

  昭和の改造で取り付けられていた鴨居の裏にはうねった梁が。絶妙なラインですね。

 

二階東6アップ          新聞広告

Before                                    After

  かつて2階の座敷は主人一家が寝起きする部屋だったそうです。ガラス戸奥の壁紙を剥がすと明治41年発行の新聞が。当時のレトロな広告にしびれます。これによりこの部屋の改造が明治頃に行われたということがわかったそうです。
写真には写っていませんが、この壁の反対側の壁には何やら不穏な落書きが…。

 

主屋_外11【小】         DSC_0018

Before                                                     After

  なんということでしょう!千葉家のシンボルである大きな茅葺が剥され、巨大な骨組みが姿を現しました。こうしてジャングルジムのように組み上げる構造は曲り家では珍しく、特徴の一つに挙げられます。アステカのピラミッドみたいですねえ。
座敷の外側にあたる左下の壁だけ土壁が施されていないことにお気づきでしょうか。詳細は不明ですが、「建物は完成と同時に崩壊が始まる」という俗信によるものとのことです。

 

ウチニワ4【小】         番付

Before                                                  After

  指で示した数字は「柱番付」です。主要な柱に墨で記され、効率的な組み立てや平面図上で位置を正しく把握するのに用いられます。

 

土蔵1【小】          板葺

Before                                                  After

  高い足場が組まれる工事中しか拝めない!瓦を剥いだ蔵の屋根です。元々の屋根の姿が現れてきました。今では高価なクリの板で葺かれています。ここまで歪みもなくきれいな状態で保存されているのは貴重だそうです。この蔵は2階建てと3階建てがくっついていて、2階建て部分は主に食糧庫、3階建て部分は書庫や貴重品入れとして使用されていたようです。

  8月5日には現場見学会が開催され、匠たちによる解説も行われます(要予約)。貴重な機会をお見逃しなく! →<第二回千葉家保存修理工事見学会チラシ>

カテゴリー その他, 遠野あれこれ