mark 今年は伊能嘉矩の年


名称未設定 1

皆さん、お久しぶりです。

年度末は新しい職員を迎える準備やインターネットの利用方法が変わるなど、さまざまなことが事務所で起こりまして、学芸員日記の更新が滞ってしまいました。大変申し訳ありません。
また今年もちょこちょこと若手の職員が更新していきますので、よろしくお願いします。

さて、5月9日は伊能嘉矩生誕の日です。2017年で生誕150年になります。「伊能嘉矩について知らない」という方も多いと思います。
伊能嘉矩(いのうかのり)は慶応3年(1867)に横田村新屋敷(現在の遠野市東舘町)に生まれました。明治27年(1894)4月に東京人類学会例会で「オシラ神に就きて」を講演し、翌月の東京人類学雑誌に「奥州地方に於いて尊信せらるオシラ神に就いて」を発表しました。また、明治28年(1895)、日本の新しい領土となった台湾に渡り、台湾総督府の嘱託などをしながら、各種族の言語・習慣・生活様式・地理・歴史等についての調査に情熱を傾け、明治38年(1905)に帰国するまでの10年間に『台湾蕃政志』をはじめ、図書・雑誌・論文等、膨大な量の著述を行いました。遠野に帰郷後は『台湾文化志』などの台湾調査の原稿をまとめたほか、遠野の歴史と民俗の調査を行い、『上閉伊郡志』『遠野史叢』『遠野方言誌』等の執筆に打ち込みましたが、大正14年(1925)、台湾で感染したマラリアの後遺症の再発で永眠しました。

これだけ聞くとまるで神童のような印象を受けますが、実はヤンチャな面があったり、自分がおかしいと思ったことをはっきりと主張する強い意志を持った努力の人物なのです。

伊能嘉矩についてもっと知りたくなったあなたは是非5月9日(火)に行われる「初心者向け講座&ギャラリートーク」にどうぞ!
当館の学芸員が伊能嘉矩についてわかりやすく説明した後、実際に博物館内に展示されている伊能嘉矩の資料を解説付きで見学することが出来ます。
時間は
①午後1時半~午後2時半
②午後6時半~午後7時半
と2回、遠野市立図書館の視聴覚ホールで開催します。
平日ですが、仕事が終わったあとでも参加できる時間帯になっていますのでアフターファイブにも最適ですよ!

皆さんのご参加お待ちしております!!
お申し込みは遠野市立博物館まで
電話 0198-62-2340

(小原)

カテゴリー お知らせ