mark 「鱒沢館」探訪


先日、土曜講座で鱒沢左馬助について発表しました。私が土曜講座で鱒沢氏を取り上げるきっかけになったのが、6月末に上鱒沢自治会が開催した「鱒沢左馬助の遺跡見学会」でした。鱒沢氏の居館であった鱒沢館は今まで木に覆われていたため全容が分かりづらかったのですが、その木が伐採されたため、この機会に歩こうと企画されたものです。 <鱒沢館全景> 鱒沢館は長泉寺裏の山の末端にありますが、地元の方でもここに昔「館」があったとは知らなかった、という方が多くいらっしゃいました。 本丸跡へはブルドーザーの通り道をつたって歩きました。この道は実は堀の跡で、何百年と経つうちに土が流れ、平たんになったため通りやすかったのだろう、ということです。 この写真を見れば堀の深さがわかるのではないでしょうか。土塁の高さが人の二倍以上あります。築城当初はこれよりさらに堀が深かったのかもしれません。しかも、山を登るための登坂路は複雑で、館の作り方を知らないと本丸に行けない、という堅牢な作りになっていました。 鱒沢館は大規模な二重空堀の内側に、階段状の平場を設けており、そこに本丸や家臣の住む建物、防御施設があったと考えられます。 頂上近くには今でもお社がありました。 <鱒沢館から遠野方面を望む> 鱒沢氏は当時遠野を治めていた阿曾沼氏の分家として始まりますが、次第に勢力争いが起き、ついには謀反を起こして阿曾沼氏を遠野から追放します。そのためか、鱒沢氏には余りいい印象がありません。はたして、謀反を起こした鱒沢左馬助とはどういった人物だったのか…鱒沢氏は断絶してしまい、くわしい記録は残っていないのでその人となりは分かりようもありませんが、左馬助の生きた時代背景を土曜講座で追いました。その内容をHPで公開しているので、もしよろしければご覧ください→<土曜講座「もっと知りたい!遠野の先人」第2回報告>(リンク)

カテゴリー 調査・研究