mark 遠野ふゆ物語


連日ひなまつりの様子をお伝えしていますが、先週末は「どべっこ祭り」や「昔話まつり」、市民の舞台「遠野物語ファンタジー」などたくさんのイベントが開催され、私は「どべっこ祭り」に行ってきました。 雪の降る中、会場の遠野ふるさと村「肝煎りの家」まで向かいました。 どべっこ祭りでは「どぶろく」や「どべっこ」を楽しみながら、郷土芸能を見ることができます。 今回の団体は大工町に伝わる「遠野太神楽」で、家の立派さを才蔵と太夫で面白おかしく紹介する「遠野万歳」、おかめが四方を清め神を迎える「四方の舞」などが披露されました。    四方の舞  美味しい郷土料理をいただきながら、どべっこ(私は飲めないので甘酒でしたけど)を堪能し、太神楽を見る…至福のひと時でした。 別棟の「川前別家」では昔話語りも行われていました。 語り部はふるさと村の地元附馬牛町に住む新田安子さんです。 「どんな話がいがんすか?(いいですか?)」という質問に、「笑い話!」と、どぶろくを飲んで陽気になったお客さんが答えていました。 語り部さんはニコニコと「豆腐とこんにゃく」を語り、お客さんは大笑い。とても楽しい時間をすごしました。 街に降りて予定まで時間があったので、少しだけ雛めぐりをしました。      左は、今回パンフレットの表紙になっている「千葉家具店」さんのお雛様。写真だと分かりづらいのですが、とても大きなお雛様です。ぜひ、実物をご覧になって下さい。 そして、ちょっと一服…と寄った「まん十や」さんでは、お雛様のほかに手づくりのしし頭や吊るしびなが飾られていました(写真右)。 「遠野どべっこ祭り」は3月1日(土)、2日(日)も開催されます。 詳しくは<遠野ふるさと村 TEL:0198-64-2300>までお問い合わせください。 もちろん、「町家のひなまつり」もまだまだ楽しむことができます。3月3日(月)までですので、ぜひお越しください。 【樋口】

カテゴリー まつり・イベント, 郷土芸能